殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
more...

最新のコメント

> 自分が動かなくなるの..
by genshu-juku at 19:15
> やっぱバリバリの昭..
by tk at 08:03
本当ですね。 そして、..
by genshu-juku at 13:38

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



<   2006年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

仮面ライダー THE FIRST

f0074992_22636100.jpg
見ぃ〜ちゃった、見ぃ〜ちゃった(笑)!!

いんやぁ〜〜、えがったッス!! よくもまあ、あの時代の雰囲気をそのまま現代に持ってこられたなあ〜。もう、オープニングで絶句したッス!!! この、爆風の中をジャンプするサイクロン号!! この絵を見られただけでも借りてきた甲斐があるっちゅうもんス!!!

んで、アクションも良かったねえ。1号は今風 (JAE?) の中にも往年の大野剣友会を思わせるスタイルだったし、2号はバリバリ中国拳法風。純粋にファンとして楽しめた。一つだけ気になったのが、ワイヤーアクションが多すぎたってこと。俺は大野剣友会の大トランポリンや、JAE(旧JAC)の得意なミニトランポリン・落っこちが大好きなんだけれど、今はそれじゃ駄目なのかね? なにも香港スタイルが世界一とは思わないんだけどなあ。頭が古いのかね(笑)?

なにはともあれ、大満足の一日だったゼ!! 俺も頑張ろ!!!


今日のBGM「仮面ライダー・BLACK」
by genshu-juku | 2006-05-31 22:34 | 趣味のこと | Comments(0)

ブルーワーカー

f0074992_22502050.jpg
懐かしいでしょ? 俺らの子供の頃のマンガ雑誌には必ず広告が載っていたもんね(ちなみに少女マンガには「日ペンの美子ちゃん」)。今はどうなんだろう、広告やってるのかな?って調べてみたら・・

わぁ〜お!! 美子ちゃん5代目だって!!! え〜〜?! なんかしっくりこないなあ。やっぱ、美子ちゃんつったら初代でしょ(笑)!!

あとブルーワーカーの方ね。今の広告は載ってなかったけど、歴代の広告が見つかったよ!! なっつかしいなあ〜〜!!! でも「トレンディ路線」って、ありゃなんじゃ?! 全然知らん(笑)。いやいや、なんか思い出に浸ってしまいましたな〜。

あれ? 今日は何書こうとしてたんだっけ? そうそう、俺は「腕立て伏せ」や背中を丸める「腹筋運動」ってやつはほとんどやらないよって話を書きたかったんだ。

もちろんうちの生徒達にはやらせているし道場では俺も付き合うけれど、日常のトレーニングでは全くと言っていいほどやらない。代わりに何をしているかというと、気功法と、呼吸法にアイソメトリックスを加えた武術的鍛錬法だけ。この二つを行うと、表層の筋肉ではなく深層の、手足で言えば靱帯(いわゆる筋)が鍛えられる。20代の頃は、三本指の腕立てを100回なんて軽くやってたけど、怪我ばかりしていた。でも今は昔と比べればほとんど怪我はしないし、動きも今の方が断然良いのだ。それはこの鍛錬法で靱帯が鍛えられたお陰なのだ。

でも根が筋トレ好きな俺(笑)。どうしても筋トレしたい時にだけブルーワーカーを使うってわけ。何故って、ブルーワーカーは手足と一緒に体幹(たいかん / 胴体)も鍛えられるから。一流の動きを目指すなら、やっぱり体幹を鍛えなくっちゃね!!


今日のBGM「恐竜戦隊ジュウレンジャー」
by genshu-juku | 2006-05-30 22:48 | Comments(0)

OFFる、俺

今日はのんびりとWeb殺陣教室のリニューアルをする。

締め切りさえなければ、HPの管理も立派な趣味なんだよねえ。まあ締め切りっつうても自分で自分に課してるだけなんだけど、そうでもしないとなかなか重い腰が上がらないんだよなあ、俺の場合(苦笑)。そゆわけで、大好きなコーヒーをすすりながらパソコンに向かう至福の時。

いつからだろう、こんな風に上手くオフることが出来るようになったのは?

稽古も仕事も命懸け、その信条に揺るぎはないけれど、たまに立ち止まって一息つくのも悪くないよね。大袈裟だけど、「人生って良いもんだなあ」なんて思えてきちゃう。突っ張らかって生きてきた20代30代も楽しかったけど、これからの40代、俺ってスゲくなりそう?!

ど〜でもいいけど、「仮面ライダー THE FIRST」のDVDがいつ行っても貸し出し中(泣)。


今日のBGM「仮面ライダー・BLACK RX」
by genshu-juku | 2006-05-29 23:58 | その他 | Comments(0)

地域に貢献する俺(爆)

f0074992_237447.jpg
今日は待ちに待った(嘘)町内会のゴミ拾いの日。

ちゃんと行って来たよ〜。

始めは嫌々だったけど、やってくうちにだんだん楽しくなってきたし、なにより自分の住む町を綺麗にしてるってことが誇りに思えてきた(たかが一時間のゴミ拾いで偉そうに/笑)。
願わくば雨上がりにはやりたくなかったなあ。拾うゴミ全部が、水分を含んで重いやら汚いやら(笑)。あと気になったのは、煙草の吸い殻の多さ。俺は吸わないが、吸ってる人に「吸うな!!」とは言わん。でもマナーは守って欲しいな。誰かが掃除しているんだからさ。

f0074992_23165523.jpg
んでもって、午後から夜まで玄舟塾の稽古。

Webアクション教室に「飛び後ろ回し蹴り」のやり方を載せるため、そのビデオ撮影をする。ピョンピョンピョンピョン、いったい何回飛んだのやら。・・もう、クタクタ。

というわけで、いずれ「飛び後ろ回し蹴り」のやり方を紹介するからね!! 乞うご期待!!!


今日のBGM「斗え!忍者キャプター」
by genshu-juku | 2006-05-28 23:29 | その他 | Comments(0)

日々是勉強

今日も、キャラメル・ボックス「俺たちは志士じゃない」の殺陣付け。

いや〜、なんか滅茶苦茶疲れたわ。

今日はそれ程手数は多くなかったけれど、やっぱ集中してるからね。演出のマキノさんがご覧になりたい「絵」を感じ取るべく、五感をフル回転させているもんね。その甲斐あってか、ようやくマキノさんの要求される動きが理解出来るようになって来た(当社比/笑)。来週の大立ち廻りの手付けは、大変だけど楽しくなりそうだぜィ!!!

殺陣付けの後は芝居の稽古を見学させてもらったんだけど、これまた勉強になったよ。実は僕も下手の横好きで演出の真似事なんぞをしているのだが、マキノさんの演出手法というか感性は目から鱗の連続、お金出しても見る価値があったね。余談だけど、僕の演出の先生は成井さん。もちろん演出に関して師事したことはないけれど、そこは「門前の小僧習わぬ経を読む」ってやつ。有り体に言えば盗んだっていう訳(笑)。

第一線で活躍されるお二人の演出をこんなに間近で拝見することができるなんて、なんて俺は幸せなんだろう!! この僥倖(ぎょうこう)はいつか自分の舞台作りに活かさなければ。

うん!! 日々是勉強じゃ!!!


今日のBGM「マシンハヤブサ」
by genshu-juku | 2006-05-27 23:54 | 殺陣 | Comments(0)

痛っ〜〜!!

f0074992_21381361.jpg
夕飯の後片づけの時、カミさんの落としたフライ返しを取ってやろうと屈んだとたん、グサッ!! とゴミ袋ホルダーの先っぽ(写真)がお尻に突き刺さった!!!

いっでぇ〜〜!!

お尻を押さえてピョンピョンする俺(滝汗)。
でも、プロジェクトA のジャッキー・チェンに成れたみたいで、ちょっとご満悦の俺(笑)。

・・いや、作ってないって。作ってないっスよ〜〜。


今日のBGM「ろぼっ子ビートン」
by genshu-juku | 2006-05-26 21:45 | その他 | Comments(0)

英雄好漢

む〜ん、期待に違わず面白いゾ「雪山飛狐」!!

金庸小説恒例の謎解きを、芥川龍之介の「藪の中」ばりに、数名の登場人物の記憶を手繰る形で表現するのなんぞは秀逸だね。その中で繰り広げられる英雄好漢二人の闘いと友情。小説なのに、思わず親指立てて「よし!!」って言っちゃったよ(笑)。ほんと、カッケ〜なあ〜。

思えば、子供の頃から英雄好漢に憧れてそんな風になりたいと思って生きてきたのに、今の自分はなんてショボイんだろ。

平均寿命まで生きられるとして後40年。俺としては60歳まで生きられれば御の字くらいに思っているので(根拠無し/笑)、少なく見積もっても後20年。死ぬときくらいは、せめて好漢と呼ばれて死にたいなあ。

そのためには、小さな事からコツコツと!! ですな(笑)。


今日のBGM「俺は新造人間」
by genshu-juku | 2006-05-25 22:51 | 趣味のこと | Comments(0)

雪山飛狐(せつざんひこ)& 飛狐外伝

今日は太極拳の稽古。

う〜ん、相変わらず自分の教え方の下手さにはうんざりするなあ〜。
「教え過ぎる」のがいけないやね。極意の世界はあくまで「体得」の世界。不相応な情報は却って学習者を混乱させ、上達の妨げになってしまう。もっともっと、こう、デ〜ン!! と構えなくっちゃ!!!

f0074992_17515646.jpg
気を取り直して、借りてきたよ〜!!
「雪山飛狐」と「 飛狐外伝」!!!

前回借りた「侠客行」はイマイチだったので(金庸作品にしてはめずらしく、直ぐに結末が読めてしまった)、今回は期待してまっせ〜〜!!!


出だしはコチコチの漢文調だし。
むむっ、これはイケル!! 感で分かるぜ!!!


今日のBGM「鳥人戦隊ジェットマン」
by genshu-juku | 2006-05-24 18:17 | 趣味のこと | Comments(0)

少林寺木人拳

f0074992_22121652.jpg
今日は GyaO で ジャッキー・チェンの「少林寺木人拳」を見たよ!!

地上波じゃまずお目にかかれないこの作品。実は僕が見たかった昔のジャッキー映画 No.1 なのだ(ちなみに No.2 は「拳精」)!! 

そして一番見たかったシーンがこれ。厳しい修行を乗り越えてついに木人廊を制覇するジャッキー。すると出口には馬鹿でかい香炉が。灼熱に熱せられた香炉を動かさなければ外には出られない。そこでジャッキーは気合いもろとも両手の前腕の内側を香炉に押しつける。皮膚が焼けこげて上がる煙、苦痛にゆがむ顔。そして、ついに香炉をどかすことができたジャッキーの前腕には龍と虎の焼き印が・・、これこそが木人廊制覇者の証なのだ!!!

ぎゃ〜〜!! 懐かしぃ〜〜〜!!!

実はこのシーン、今でも物まねをすることがあるのだが、知っているのは南塚一人だけ(泣)。周りの生徒達はキョトンとしているだけなのだ。

生徒達よ見なさい!!!

六月の頭まではやっているようだから、是非見なさい!! 例のシーンはクライマックスではなく、中盤で出てくるから、そこまででいいから見なさい!!! そしてみんなで物まねをするのだ(笑)!!!!

でも最近の香港映画ファンにとってはカッタルイだろうなあ。あの頃の思い出が一緒に蘇ってくるから良いんだよねえ、僕等には。


今日のBGM「特捜戦隊デカレンジャー」
by genshu-juku | 2006-05-23 22:42 | 殺陣 | Comments(0)

視線_2

さて本日は、昨日ご紹介したワークの応用編。

先ずは素振りの時の視線。
結論から言うと(あくまで筆者の感覚だが)、正面を見据え、しかし眼には力を入れずに周辺視野の片隅に切っ先を捉えながら素振るのが良いと思う。

面打ち等の「切っ先が顔の正面にくるもの」は当然切っ先を見るのが良いが、袈裟斬り等の「顔から大きく離れていく切っ先」をわざわざ見ているのは、姿勢の崩れに繋がるし思ったほど力も入らないものである。

昨日のワークの二番目で、「拳を見つめる」方が「目をそらす」方より力が出ることに気付かれたはずだ。つまり、「力を及ぼしたい方向を見る」ことが力を集中させやすいという原則だ。このことを踏まえ、刀を振る場合本当に力を及ぼしたいのはどこであろうかと考えてみる。答えは(意外にも?)、刀ではなく相手(敵)の身体なのだということが分かる。ということは、素振りをする場合、たとえ目の前に敵がいなくともその敵を想像し、面なら顔、突きなら喉、というようにしっかりと狙い(視線)を定めて行うのが正しい視線のあり方なのだ。

また補足になるが、袈裟斬りのように下方向に向かう切っ先を見ると当然首が傾く。首が傾くと全身の力の配分が崩れて上手く力が入らないのだ。というわけで、「視線を平行に保つ」ということも忘れてはならない原則なのである。


次に、立ち廻りの最中の視線の置き方。
複数の敵を相手に立ち回る時、初心者はよく、相手の一人一人を見ようとする。当然首が動き、キョロキョロ見回してしまうため、弱腰の印象を生み出してしまうことになるし、実際の動きもぶつ切りになりがちである。そこで複数の敵と対峙した時には、昨日のワークの三番目、「ボンヤリと相手の後ろ側に視線を向けておく」ことをお勧めする。そうすると周辺視野が広がり、たとえ一人を見ていても視界の片隅には他の敵も捉えることができ、いちいち首を回す手間が省けるので、立ち廻りをなめらかに進行させることができるのだ。この視線の置き方、古くから「遠山の目付(遠くの山を見るような視線)」と言われ、(かの宮本武蔵もその著書「五輪の書」で言及しているように)武士の常識であったのだ。

以上のことを踏まえ、努力鍛錬されることを切に願う。


今日のBGM「ゴワッパー5ゴーダム」
by genshu-juku | 2006-05-22 21:30 | Comments(0)