殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
more...

最新のコメント

> 自分が動かなくなるの..
by genshu-juku at 19:15
> やっぱバリバリの昭..
by tk at 08:03
本当ですね。 そして、..
by genshu-juku at 13:38

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



カテゴリ:未分類( 123 )

修行忘備録

型の最終目標は
背骨一個一個を覚醒させることにある。

背骨を思い通りに動かせるようになった時・・・

といってもその動きとは

酔拳や形象拳(動物の形を模したもの)の様に
外から見て判るものではなく(この段階も必要なのだが)

一見何も動いてないように見えて

その実、ミリ単位で伸ばしたり捻ったり
できるものでなくてはならない。

しかも、一個一個単独で動かせもし
また、全体を丸ごと動かせなくてもいけない。

この段階の背骨から発せられる動きこそは

正に融通無碍、自由自在の境地であり
動物達の脅威の反応速度の源となるものである。

よって、稽古の大半はこの背骨の覚醒と
微細な動きの鍛錬に割かれるべきであり

他のどのような鍛錬も
これを補助するだけのものと理解するべし。

間違っても補助の方に一生を捧げることのなきように。


・・・ありゃ?
この背骨の鍛錬こそは

太極拳の基本中の基本であるところの
站椿(たんとう)そのものじゃないか?!

(↑ 形意拳の三体式も同じ)

なんと・・・

四半世紀を修行に捧げ
辿り着いた所が元の入口だったとは?!

呵々、痛快痛快!!

これだから修行はやめられない(笑)
by genshu-juku | 2012-05-07 10:37 | Comments(0)

西洋剣術

今日は某案件のリハーサルで
西洋剣術の指導者の方をお招きする。

ドイツ人の彼の大柄な体躯から繰り出される技は

「どうせ力まかせの雑な剣法だろう・・・」
というこちらの先入観を見事に裏切り

柔らかく、流れるような捌きで
まるで太極剣の演武を見ているかのようだった!

しかも、うねるようにして手首や脛・・・
首や股の動脈を狙う技の数々は

どれをとっても通好みなものばかりで
見ていて思わず頬がゆるんでしまった(笑)

今回は役者ではなく一スタッフとしての参加だったので

休憩時間に
ほんのちょっとお話させていただいただけなのだが

それでも

「こういったリアルな技は
 エンターテイメントでは受け入れられ難いんだよね〜」

「そうそう、俺もそう思う!!」

って、滅茶苦茶意気投合してしまった(笑)


でもなんか不思議だよな・・・

生まれた国もやってきたことも全然違うのに
こんなにも感性の近しい人がいるなんてさ。

(↑ ついでに動きも)

やっぱ世界は広いよな〜。

狭い日本であくせくするんじゃなくって
俺も海外に出てみたくなっちゃったよ(笑)
by genshu-juku | 2012-02-15 20:12 | Comments(0)

凍える時には・・・

温かいご飯と温かい言葉が

何よりのご馳走だね(笑)

身体が少し温まったら

また走り出す勇気が湧いてきたもの。
by genshu-juku | 2012-01-10 18:57 | Comments(0)

日がさした・・・

今日はこっちに来て初めて空が晴れた。

お日様の光ってやっぱいいな。
心身共に清々しくなるもの・・・


な~んて

思わせぶりなことばかり書かれても
読んでる方はわけわかんないよね~(笑)

実は、暮れに倒れた親父の介護と
この際、介護認定の手続まで済ませちゃおうと

慣れない事どもに奔走中。

体力と気力の限界まで追いつめられ
己の人間力を厳しく問われ続ける毎日・・・

う~ん、鍛わってるなぁ~~!!
(↑造語/ 笑)


・・・という訳で
元気で頑張ってます!

みんなも風邪なんか引かないようにね!!
by genshu-juku | 2012-01-07 23:32 | Comments(0)

山手線なう

まだ旅の余韻が残っていて

心の熱が覚めやらなくて

思わず無声の咆哮をあげた。

(強烈な呼吸をかました)

見える人が観たら

俺の全身から炎が吹き出してたことだろうて(笑)
by genshu-juku | 2011-12-24 20:56 | Comments(0)

夜の渋谷

今、渋谷で映画を観た帰り。

こ、この俺様が夜の渋谷を歩くなんて・・・
六本木に次ぐ苦手な街なのに(笑)

実は、うちのグループ会社では
実写の映画 も作っていて(まだインディーズだけど)

今日はそれを観てきたってわけ。

この二月程で
俺の気のレベルは随分上がってくれてたので

はな金にごった返す人混みに揉まれても
全然具合が悪くならなかった(すげー!!)

映画の方も
ほとんど期待しないで行った割には面白くて(コラ!)

ちょっと得した気分を味わったし・・・


それにしても、相変わらず
クリエーターの端くれやってんなぁ、俺(笑)

古くからの読者には耳タコな話だけど

俺は、決して信念を持って
この道を歩んできたわけじゃないんだ。

何度も何度も堅気になろうとしたんだけど(笑)

その度に、何か見えない力に引き戻されるかのように

芸能というかアートというか
表現の世界に舞い戻ってきてしまう。

こういうのを天職っていうのだろうか・・・?

だったら、人生も折り返し地点に立ったわけだし
そろそろ信念を持ってこの道を歩いてみようかしらん(笑)
by genshu-juku | 2011-12-02 23:40 | Comments(0)

小さな勇気

電車の中で席を譲るのって勇気が要るよね。

だって、もしかしたら
譲ろうとした相手に断られるかもしれないし・・・

俺も、お腹の大きなお嬢さんに席を譲ろうとして
ものすごい形相で睨まれたことがあったっけ。

(それは多分、何かが間違っていたのだろう・・・)

今も、真面目そうな青年が
お年寄りに席を譲ろうとしてやんわり断られていた。

どうにもバツが悪そうな彼・・・

だが青年よ、それでいいんだよ!
君の勇気は俺にもしっかり飛び火したのだから。
by genshu-juku | 2011-12-01 21:43 | Comments(0)

煩悶

先月の一連の気付きの中で益々深まった

「人の役に立ちたい」

という想いと

「苦しんでいる人達を助けたい」

という願いが

より切実さを増して胸の奥に渦巻いている・・・

あまりにもその想いが強すぎて、気が狂いそうだ。

・・・でも、俺はよく知っている。

今日のこの一日を、丁寧に、大切に生きなければ

この思いを結実させる日など来はしないのだということを。


電車の中でおばあちゃんが落とした本を拾ってあげたよ(笑)
by genshu-juku | 2011-11-07 10:41 | Comments(0)

ボロボロっす・・・

這うように会社行ってます・・・(笑)

でもね、ホントいうとね

この不調は
単なる疲れや風邪からくるものじゃないんだ。

一連の気づきの中で
俺の中の全ての気の流れが刷新されたから。

なのでもう、敏感で敏感で・・・
正直気が狂いそうだぜ(笑)


まるで生まれたての小鹿のような俺・・・
いっそ、バンビちゃんとでも呼んでくれ。

誰だ?グレート小鹿とかいってんのは(笑)?
by genshu-juku | 2011-10-26 22:45 | Comments(0)

今日も暑いや!

この時刻でこの暑さとは・・・

今日一日が思いやられるね〜。

みんな身体に気をつけて頑張ろうぜぃ!!
by genshu-juku | 2011-08-10 06:38 | Comments(0)