殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
more...

最新のコメント

仰る通り、逆腹式呼吸は確..
by genshu-juku at 16:24
いつもながら、本当に深く..
by genshu-juku at 15:56
今回もすごい内容の掲載を..
by KAWASHIMA at 13:03

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



新たなる挑戦



今回は、海外のアニメーター達がよくやっている様に、自分の動画を "当たり" に使ってアニメーションを付けてみたよ♡ 成る程、自然なアニメーションの肝はタイミングだって事がよ〜くわかった(腕を振るタイミング、足が床から離れるタイミング etc...)

こんな良い方法をどうして今まで試さなかったんだろう(笑)


f0074992_15510766.gif

モデルも、これまでずっと簡易的なキャラでアニメーションを付けてきたけれど、それに甘んじていては決して上手くはなれないので、今後は あえて難しい方の道を選ぼうかなと(笑)


f0074992_16151327.png


さ〜て、ガンガン行くとしますか〜〜 (≧∀≦)




※ 使用したモデルは Blender の公式コミュニティ”Blender Cloud” から配布されているものです。






# by genshu-juku | 2018-10-13 15:58 | CG 修行 | Comments(0)

ドングリの背比べ

動物の世界・・
特に雄の世界においては

体がデカイ方が優位だと云う

なので

イザコザが起こると真っ先に
大きさ比べが始まるらしい

それは

単純に背(体高)の高さだったり
あるいは角の立派さだったり

口の大きさ
なんてのもあるのだろう・・

家で飼ってるセキセイインコ達でさえ

場所の取り合いなんかが始まると

すかさず

毛を逆立ててみたり
つま先立ちになったりしては

自分が大きい事を主張する

全く原始的だ・・・

などと笑っている場合ではない

人間の、特に男どもの世界は
未だにこの法則に支配されていて

どっちが物を知ってるか

どっちが立場が上か

なんて事に血道を上げている

他人が小さな失敗をしようものなら
この時とばかりに相手をなじり倒し

少しでも優位なポジションを
確保しようと必死の形相だし

自分が知らない事を
他人に尋ねるのなんか以ての外!

位を下げてしまうんだから

デタラメでも何でも
自分の考えを押し通して

事が破綻したって知らんぷり・・・

そんな事を繰り返しているから

見ろよ

良識ある人達には
俺達が ただのバカの集まりだって

すっかりバレて
しまってるじゃないか


所詮は烏合の集の俺達が

それでも何とかやっていく為には

無い知恵
出し合うしかないでしょう?

力を合わせるしかないでしょう?

ドングリの背比べ
やってる場合じゃないぜ!

まったく・・・

今やるべき事は

飲みニュケーションとか

もはや死語になりつつある
形式だけのそれじゃなくって

お互いが

"本気で心を開く事" だけだろうに


さもないと

近いうちに
お前達要らない!って事になっちゃうよ

ホントに雄ってのはめんどくせえなあ(笑)


# by genshu-juku | 2018-07-19 21:48 | その他 | Comments(0)

垂直に伸びる背骨_19

呼吸法・前編 _① 呼吸のメカニズム

さてさて、ストレッチ編の途中ではあるけれど、必要性を感じたので『呼吸法の基礎』だけは先にご紹介しておきたいと思う。呼吸のなんたるかを漠然とでも良いので知っておく事ができれば、今後の展開への理解もスムーズに進むと考えたので。

というわけで、今回は『呼吸のメカニズム』について。

頑張って CG 作ったので(笑)
少しは分かりやすい内容になってるのでは?と自負しています。

但し、今回はメカニズムのみのご紹介とし、実践法はあえて載せていないので悪しからず。先ずは全体的なイメージと理屈を大体で良いので頭に入れておいていただきたいと思う。

もちろん、これからご紹介する三つの呼吸を動画を参考に試していただくのは大歓迎だ。

その場合は以下の要点

・吸う時は鼻から

・吐く時は 鼻か 口から
(勢いよく吐けば自ずと口から出て行きます)

・姿勢は真っ直ぐに

・特に上半身はリラックスさせて


を守って行っていただければと思う。

また、各呼吸に関してはいずれも "楽に" 行っていただきたいと思う。身体が出来ていないのに(各部分が柔軟でないうちに)いきなり力んでしまっては、呼吸が生み出す圧力の "逃げ道" が無くなり、脳をはじめとする内蔵諸機関にダメージを与えかねないので。


それでは、張り切って行ってみよ〜〜!!



『腹腔(呼吸筋群)』



『腹腔』とは腹部の内臓が収まっている空間を指す。その空間を構成する四種の筋肉(群)をここでは呼吸に関わる筋肉として "呼吸筋群" と呼ばせていただきたい。

内訳は次の通り

横隔膜(図では赤色)
腹横筋( 〃 黄色)
多裂筋( 〃 緑色)
骨盤底筋群( 〃 青色)


f0074992_10324715.png

中でも重要な役割を果たしているのが、胸部と腹部を仕切っている膜状の筋肉 "横隔膜" だ。この横隔膜が(膨脹と収縮を伴い)上下に動くことによって、肺が、ある時は横に広がり、ある時は縦に引き伸ばされて深い換気(呼吸)が行われるという仕組みになっている。

また、横隔膜が上下する際には他の呼吸筋も連動して動くという構図になっており、その関連性は下の図の通り

横隔膜が下がれば 腹(腹横筋)が膨らみ 骨盤底筋群も下がる
横隔膜が上がれば 腹(腹横筋)が凹んで 骨盤底筋群も上がる

となっている。


f0074992_10324709.png

なぜこのような連関が生まれるのかというと、そこに "内臓" が関与しているからで、簡単な話、横隔膜が下がれば、それに押される形で内臓が下降し、内臓に押し出される形で腹(腹横筋)が膨らみ、それに伴って骨盤底筋群も下に向かって膨らむ(下る)という構図だからだ(上がる時はこの逆のメカニズム)

なので、十全な呼吸を行えるようになるための条件とは、もちろん呼吸筋群そのものの柔らかさが重要なのは言うまでもないが、先ずは『内臓が柔らかである』ということが言えると思う。

「筋肉が、硬い、柔らかい」というのは聞いたことがあるが、「内臓の硬さや柔らかさ」なんて初耳だという方もおられるかと思うが、生まれたての赤ん坊や子犬や子猫のお腹を想像していただければ了解していただけると思うけれど、若い内臓はプニョプニョのポニョポニョなのですよ(笑)それが歳を取ってくるとだんだんと硬くなってくる・・その硬さが限界点を超えると病気になる。肝硬変とか言うじゃないですか!

要するに、硬い内臓では血液の循環が滞りがちになる・・・血液の流れが滞れば不純物の排泄がうまく行かず、また栄養や酸素も供給不足になってしまうというわけなんだけれど、特に小腸や大腸に鬱積している血液は、中医学では万病の元と言われていて、慢性の倦怠感やお肌のトラブルもこの鬱血によって引き起こされていると考えられている。

ということで、"内臓の柔らかさ"とは、健康に直結するとても重要な要素であり、呼吸法によって内臓を上下に無理やり引っ張り上げたり、押し潰したりする、半ば強引とも取れる血液循環(笑)は、実に若さを保つ秘訣であろうと考えるわけだ。

また、物理的にも内臓が柔らかであればあるほど、より上下に移動してくれるので、その分 肺の "伸縮" と "膨脹" の度合いも大きくなり、空気の入れ替え、つまり呼吸がより深くなるというわけで、"健康" と "呼吸のパフォーマンスの向上" という二重の意味において内臓の柔らかさは重要でもあるのだ。

ここで、「私はちょっとしかお腹が出たり引っ込んだりしないので、きっと内臓が硬いのだ」と心配されるなかれ。手足の筋肉と同様、内臓もトレーニングを重ねることによって少しずつ柔らかさを取り戻すものなので、気楽に、気長に取り組んでいっていただきたいと思う。


f0074992_10324662.jpg
赤ちゃんのポニョポニョお腹は健康の象徴 ♡


内臓の柔らかさに触れたついでに "腹筋の柔らかさ" についても言及しておきたいと思う。

世の中の美意識は、今のところ "バキバキに割れた腹筋が美しい" とされているみたいだけれど、こと呼吸法の観点からすれば、硬く締まり過ぎた腹筋は、いくら内臓が柔らかくとも、「腹を膨らませたり凹ませたりするのが難しい」という点において呼吸法には向かないと言わざるを得ない。呼吸法に関していえば、腹筋はあまり硬すぎず、よく伸び縮みするものが望ましいと言えよう。

こう言うと「締まりの無い腹筋では十分なパフォーマンスが発揮できない」と仰る方が必ずおられるけれど、それは大きな勘違いをなさっていて、要するに「柔らかくよく伸び縮みする」と言う事を「単に たるんでいる」と誤解されているだけで、決して "たるんだ腹筋" を推奨している訳ではないという事をご承知おきいただきたい。

また、パフォーマンスの向上という観点から見てみても、今は盛んにインナーマッスルという事が言われ、様々なトレーニング方法が紹介されているけれど、腹筋を初めとする外側の筋肉をガチガチに固めてしまっていては、折角のインナーマッスルも力を発揮する場を失ってしまうことになりかねないのだ。

何故なら、今回ご紹介している呼吸筋群こそがインナーマッスル中のインナーマッスルであって(もちろん他にも色々あるけれど)、動画をご覧になっておわかりのように、腹の内側でこれほどの運動が行われているという事実があるわけで、それがたとえ呼吸に関わる運動であったとしても、その運動が外側のパフォーマンスに影響しないなどということはあり得ないわけで(現に武術界では『呼吸筋群から生まれる運動を手足に伝える』という方法論を採る)、繰り返しになるが、腹筋を硬く締めてしまっては腹が十分に出たり入ったり出来なくなり、引いては呼吸筋群の動きを制限してしまうことに繋がるからだ。

まあ、美的センスからいえば、若い人達に「腹筋とか そんなに割れてなくていいから」とは なかなか言えないけどね(笑)

なので、若いうちは腹筋バキバキで運動してもらっても全然構わないと思うし、それでも呼吸法に興味があると仰るなら、ストレッチの一環として「健康のために腹の中も伸ばしといてやるか」くらいの軽いノリで取り組んでいただければと思う。その習慣は年齢を重ねるごとに徐々に(もちろん良い意味で)効いてくるはずなので。



『胸式呼吸』




胸式呼吸のメカニズムは読んで字の如く『胸で吸って胸で吐く』ということ。吸う時に肋骨(胸郭)を、前後左右に、立体的に開くことによって肺を拡張させるわけで、その際に横隔膜も上に引き伸ばされるので腹も自然と(少しだけ)凹む(横隔膜を意識的に引き上げているわけではない)

「肋骨が開いたり閉じたりするの!?」とビックリされるかもしれないが、肋骨と肋骨の間にあるのも "肋間筋" という筋肉なので全然不思議ではないのですよ(皆んな大好きなスペアリブね ♡)『よく伸び縮みする筋肉が良い』とされるのはここでも同じと言うことですな。


f0074992_10324629.png

f0074992_10324665.png

胸式呼吸で気を付けていただきたいのは、次に挙げる『腹式呼吸』に比べ、発声やヨガ、ピラティス等の身体文化によってその解釈が微妙に異なると言うことだ。

思い付くままに挙げれば

<一般的にいわれている事>

・肋骨は横方向だけに開き、腹は動かさない

・その際に肩を上げてはいけない

(上とは逆に)

・肩を上げることによって息を(肺に)吸い込む

・肩が上がり緊張してしまうので肩こりの原因となる


ということになるのだが、これらを全て網羅することは到底不可能な事なので(全く逆の事を言ってたりするので)ここでは『俺は30年間こうやって鍛錬してきました』という "俺なりの方法論" をご紹介するつもりだ。読んでいる方々にはそれでは不安に思われる方も多くおられると思うので、ご自分で色々調べてみて、最終的にご自分に合った胸式呼吸を選んでいただければと思う。

なので、改めて俺流の胸式呼吸の要点を述べさせてもらうなら

<俺流>

・肩は上げない

・肋骨(胸郭)を前後左右に広げる

・その際 横隔膜も上に引っ張られるで 腹も自然に(少しだけ)凹む

・横隔膜に下から押されるので、肺は、鎖骨あたりまで、上にも膨らむ


ここで最も大切な事は "肩を上げない" という事。肩が上がってしまっては、一部の方達が主張しているように、肩周り、引いては首の周辺が緊張してしまうので、腕を使うパフォーマンスや発声に悪影響が出てしまう

それでは、何故肩が上がってしまうかといえば、肋骨の上部を開こうとするする際に、その周辺の鎖骨や首、肩周りの筋肉が硬いために "拡張しようとする力" の行き場がなくなって肩を上げてしまうというわけだ。まあ、そもそも、肩周り、首周りの筋肉の硬い人達は肋骨の上部も開かないものなのだけれど。

なので、俺の言う胸式呼吸を実践していただくためには、先ず第一条件として『肩周り・首周りの筋肉を十分に柔らかくしていただく』という事が言えると思う。肋間筋(スペアリブ)の柔軟性はそれにつられて自ずと着いてくるものなので。

肩周り・首周りの筋肉を柔らかくするためにどうすれば良いのかというと、先ずは前回ご紹介した "猫のポーズ" を根気よく続けておいていただきたいと思う。かのストレッチは、肋間筋の柔軟性も含めて、非常に効果の高いものだから。



『腹式呼吸』




腹式呼吸とは『吸う時に腹が膨らみ、吐くときに腹が凹む』、要するに『腹で 吸って腹で吐く』呼吸を指す。

そのメカニズムの中心は "横隔膜の上下運動" であり、横隔膜が下降することによって肺が縦に引き伸ばされてその容量を増し、横隔膜の上昇によって肺が上に押し潰され、内包する息を外に吐き出すということになる。だから、結局、空気を出し入れしてるのは肺に他ならないわけで、その肺を変形させている元(原動力となる筋肉)はどこか?という話なんだよね、◯◯呼吸と呼ばれる要因は。


f0074992_10324711.png

この腹式呼吸こそは、発声法やその他リラクゼーション法(引いては普段の健康維持)に於いても極々一般的なものであり、基本中の基本ではあるので、しっかりと練りこんで(鍛錬を積んで)、出来れば日常生活の中で意識しなくても腹式呼吸で居られるようにしておいていただきたい

個人的には呼吸の練磨には終わりが無いと思っていて、単純に肉体的な面だけに言及してもその深さは果てしがなく、例えば、十年も賭けて呼吸筋群や内臓を柔らかくし、横隔膜も十分下降するようになって、もうこれで完成だろうなどと高をくくっていると、ある日突然、丁度足元の地面がズブズブと沈んで行くかのように、骨盤の底の底、"骨盤底筋群" が呼吸に参加し出して(それまでは使えずに眠っていた)、呼吸の質が一変するなどという事は日常茶飯事な事なので、皆さんにも、是非、この深淵な世界を楽しみながら歩まれて欲しいと願う。


ここで骨盤底筋(群)に関する注意を一つ

昨今、テレビの健康番組等に於いて普通に "骨盤底筋" という言葉が聞かれるようになり、ましてや "女性の尿もれ対策としての筋トレ" なども紹介されるに至っては、時代も変わったなあと隔世の感を禁じ得ない。10〜20年前、若い女性達にこの辺りの説明をする時の苦労ったらなかったんだもの(笑)それはさて置き、筆者が身を置く中国武術や気功の世界に於いては、この骨盤底周辺の開発(トレーニング)は『"修行の最終段階" に "自然と開かれる" のが良い』とされていて、どういうことかと言うと、この辺りは非常にデリケートな臓器が密集しており、尚且つ、骨盤底筋群そのものもとても繊細な作りをしているので、まだ身体が出来ていない状態で(硬くて融通の効かない段階で)無理にこの周辺を酷使すると致命的な故障を引き起こしかねないと考えられているからだ。事実、この俺も、若い頃はもちろん、30年間呼吸を練ってきた今でさえも、オーバーワークでこの辺りを傷めてしまい、股間、特に肛門の痛み(←痔ではないよ)で夜も眠られないのなんかザラなのだ。

もちろん、やり過ぎなければ、尿もれ対策としてその周辺の筋トレを行うのは間違ってはいないと思うのだが、一つ大切な事として、前述したように腹腔の呼吸筋群が、満遍なく、 "連動して動く" ようになりさえすれば、特に骨盤底を意識しなくとも、呼吸をする度に、自然と肛門や尿道が締まってくれるようになるわけで、そこをしっかりと頭に入れて、遠回りには感じるだろうけれど、あまり偏る事なく、全体的なバランスを考えながら、気長に呼吸法に取り組んでいただきたいと思う。

ちなみに、『呼吸筋群が連動して動く』という状態は、何か特別な事ではなく、我々が生まれながらに持っていたにも関わらず、多くの人達が成長するにつれて忘れてしまった事に他ならないのだ。生まれたての赤ん坊を思い出してもらえばお判りのように、彼らは息をする度に、それと連動させるように手足をバタつかせているではないか!それを現代の大人達は「身体が未分化なのだ」と捉えているようだけれど、武道その他の修行者達にとっては、呼吸と手足、引いては全身が連動しているその状態こそが "目指すべき目標" であって、言葉を替えれば『大人になって忘れてしまった "生まれたてのあの状態" に戻る事こそが修行』なのだということだ。



『逆腹式呼吸』




逆腹式呼吸は上述した二つの呼吸、胸式と腹式の複合型とも言え、少々難しくなるのだけれど、『吸う時に胸が膨らみ、吐く時に腹が膨らむ』というもの。言い方を変えれば『胸で吸って腹で吐く』という事になるのだけれど、胸式の要領で肺を目一杯に広げて息を吸い込み、横隔膜を限界まで下降させ(腹を膨らませながら)"肺を細長くして息を吐く" という仕組みなのだ。

で、この『腹を膨らませながら息を吐く』という状態が非常に不自然でキツいわけなのよ(笑)だって通常の腹式呼吸では(腹を膨らます)その状態で息を吸うわけだし、その方が自然なわけじゃない?だって、肺が細長くなればそれだけ容量が増えているってことだからね。

ま、理屈で考えれば、胸郭を広げて空気を取り込み、その次に横隔膜を下げていけば・・という事は肺の形を元に戻していけば、ある段階まで空気が抜けて行く事は容易に理解できる。でも、その境界を超えて横隔膜を下げていけば、肺の容量だけを見れば再び増えていくわけで、それでも息を吸わずに吐き続けるという事は、こここらはあくまで自分の体感の世界に過ぎないのだけれど、肺が細長い状態から、さらに、僅かではあるけれど縮小するという事で(← 丁度 風船が萎むように)、この状態は身体的にとても負荷の掛かる状態ではあるけれど、こと "鍛錬" という観点から見れば、呼吸に関わる深層筋群も、ましてや肺という臓器そのものも鍛えられるという、正に "呼吸鍛錬の王道" とも言える方法なわけだ(笑)

ちなみに、腹を膨らませて息を吐き続けた後、ふっとそのホールドする力を緩めた途端、自ずと、雪崩れ込むように空気が肺に入ってくる爽快感は何物にも代え難いものだ(キツいだけにね ♡)


f0074992_10324667.png

なので、この逆腹式呼吸はもっぱら武道・武術家(その他 "修行" を人生の目標とする人達)によって鍛錬されてきたという歴史があるわけで、それだけハードなものではあるけれど、それは、イコール、鍛錬の効果が非常に高いという事になるわけで、胸式と腹式をしっかり鍛錬してきた人達が更に上を目指す為には打って付けの鍛錬法だと信じている。

なので、この連載に於いても、先ずは腹式呼吸からゆっくりとその実践法を紹介して行って、しばらく間を開けてから、仕上げの段階として逆腹式呼吸の実践法をご紹介できればと思っている。


ちなみに、これをお読みの方達の中で、発声法などで既に呼吸の鍛錬は十分こなされて来たという方々には、是非、動画を参考に逆腹式呼吸を体験していただきたいのだけれど、一次的に、声質が変わってしまったり、喉を締める癖がついてしまったりと、やはり、完全にモノにするまでは副作用的な状態も経験される事になるとは思うので、その点は十分認識された上でお試しいただきたいと思う(ちょっと体験される分には全く問題ありませんので)

また、その際の注意点としては『胸式や腹式呼吸に比べて より一層 上半身をリラックスさせる』という事が挙げられる。

逆に言うと、上半身が完全にリラックスしていないと逆腹式呼吸を行うのが難しいという事になるのだけれど、それが体現出来てしまえば『腹にはしっかりと力が入っていて(腹圧が掛かっていて)尚且つ上半身が柔らかく使える』という身体運動においては理想的な状態を手に入れる事が出来るのだ!



『呼吸の精神への影響』

呼吸法を語る際にセットにして語られる事がある。そう、"精神への影響" だ。

よく言われるのは

・胸式呼吸は交感神経を刺激してヤル気を出させてくれる

・腹式呼吸は副交感神経が優位になってリラックスさせてくれる


ちなみに逆腹式呼吸の精神的効用はというと

・逆腹式呼吸は強烈な精神の安定をもたらす


と言われていて

どういう事かというと、面接とか何かもの凄く緊張する場面に於いて、胸式呼吸でテンションを上げるのも、腹式呼吸でリラックスを誘うのも正解ではあるのだろうけれど、「テンション上がり過ぎて注意力が散漫になって要らない事を口走ったりしないか?」とか、「リラックスし過ぎて逆にヤル気の無い様に映りはしないだろうか?」とかいう問題があるわけで、そういう時にこそ、面接の直前まで逆腹式呼吸を続けて本番に望めば、『心は深く落ち着いているのに、頭や身体は澄み渡り、キレキレのパフォーマンスを演じる事が出来る』という理想の状態に持って行く事が可能なのだ。

そう、逆腹式呼吸のもたらす『強烈な精神の安定』とは、決して "眠ったようなボンヤリとした状態" ではなく、『泰然と物事を俯瞰し、いざという時には疾風怒濤の如くに動ける』という、正に、表現者・アスリートとしては理想の状態を指すものなのだ。

また、このような状態を昔の人達はなんと言ったかというと

・肚(はら)が出来ている

・肚(はら)が座っている


と言ったわけで

昔の言葉で『肚を練る』といえば、「あえて精神的に辛い状況を体験すると」いう場合を除けば、逆腹式呼吸 様 の鍛錬を指したものなのだ。


ちなみに、なぜ呼吸法が精神に影響を与えるのかといえば、『神経叢(しんけいそう)』という神経が網目状に集まった、まあ "神経の集積所" みたいなものへの理解が必要で、神経が寄り集まっているなら、それらを上手く刺激できれば、当然、脳にも良い影響を与えるわけで(もちろん逆の場合も起こりうる)、なんと、呼吸の要である横隔膜には人体で最も大きな神経叢と言われる『太陽神経叢』が存在し、また、呼吸法が関わる最下端の骨=仙骨には『仙骨神経叢』があって、呼吸法を深く、骨盤の奥底まで行うという事は、この(主に)二つの神経叢に刺激を送り続けるという事に他ならないというわけなのだ。


(神経叢の CG、めんどくさくってスルーしました。各自でググってください / 笑)


さてさて、何となく呼吸のメカニズムを頭に入れていただけたとは思うので、次回からはいよいよ呼吸法の実践に移るとしよう。

途中でも書いたけれど、先ずは腹式呼吸の実践法を・・その後はストレッチ編に戻ってもう少し身体を柔らかくしてもらってから 胸式→逆腹式 へと進む予定だ。

先が長くてウンザリするかもしれないけれど
気長に、気楽にお付き合いいただければと思う (*´∇`*)


・・・続く


追伸
ここに掲載した内容(動画、画像も含む)は、筆者に許可を取る必要はございませんので、自由に、シェア、ご活用くださいますように。それによって、身体文化、引いては皆様のご健康に寄与できるのであれば望外の喜びであります。

# by genshu-juku | 2018-07-19 17:11 | 垂直に伸びる背骨(連載) | Comments(3)

垂直に伸びる背骨_18

骨盤と背骨のストレッチ_⑤
ヨガ・猫のポーズ 〜 呼吸トレーニングへの導入

前回のダンス・ストレッチでは、この連載が始まって以来 初めて『丸まる腰から姿勢を真っ直ぐに伸ばす』ということに言及したため、多少混乱された方もいらしゃった事と思う。なんせこれまでは『反る腰から真っ直ぐに伸ばす』ことだけを説明して来たからねえ。

f0074992_22383548.gif
『反る腰』から真っ直ぐに伸ばす

f0074992_22384444.gif
『丸まる腰』から真っ直ぐに伸ばす


と言うわけで改めて説明させていただくと、もうお判りの通り、姿勢を真っ直ぐに立てる過程は『反る』から『丸まる』からの大きく分けて二つあるという事になるわけで(左右は除く)、後は、そもそも姿勢が良くって(← 生活様式等のお陰で)最初から腰が立っている(真っ直ぐな)人もいるけれど、今は『反る』からと『丸まる』からの二つの腰に話を集中させていただきたい。

で、俺の体験から持論を申し上げると、『両方を満遍なくトレーニングした方が上達は早い』という事に落ち着くのだ。

西洋式のダンスに慣れた人達にとっては奇異に映るかもしれないけど、東洋の武芸には "反るなら反る" 、"丸めるなら丸める" という『一つの腰』しか使わないものが多いんだよね(もしかしたらスポーツにも同じ事が言えるかもしれないけど)もちろん、それぞれの武芸にはそれらの腰を採用する理由というものがあって、当然それは術理に関係する事でもあるのだけれど(実は開祖がそういう腰だったというオチにも繋がるのだけれど)、で、その事は全く否定される事ではなく、流派を挙げてその腰の鍛錬に励むべき事ではあるのだけれど、こと健康という観点からみると、ある意味偏ったあり方ではあるわけで、稽古が終わった後にはストレッチ等で満遍なく身体をほぐしてあげるのが現在の常識なわけで、これはこの連載のテーマでもある『背骨の伸長』にも同じ事が言えるはずで、やはり、二つの腰の両方から攻めて行った方が理解や上達も早いだろうし、腰を故障するリスクも減ると考えるのだ。

ここからは完全に余談だけれど、『自分自身の持つ腰』と『自分が学ぶ流派の腰』とのミスマッチというものがあるわけで、例えば『反る腰』の人が『丸まる腰』を基本とする流派に入門するなんて話はよくあるわけで、で、そういう人達は周りと比べて自分の上達が遅い事に苦しんでたりするわけだけれど、普通の指導者なら「あ、君は腰が逆だから自宅で十分ストレッチをしなさい」とか簡単にアドバイス出来るんだろうけれど、頭が固くて尚且つ勉強不足の指導者なんかに当たった日には自流の崇高な技術理念なんかを滔々と語られて、なんか分かったような分かんないような気分にさせられて、結局何も解決していないという不毛な努力を強いられてしまうわけで、なので、ここで俺が代わってアドバイスさせてもらいます。「普段から腰は満遍なくストレッチしておこうね♡」と(笑)で、自分の体験から言える事は、自分の腰と合わない流派を学ぶという事は、長い目でみれば己の身体の幅を広げるという意味で決して無駄ではないという事と、でも、やはり身体(特に腰)に掛かる負荷は "合ってる腰の人達" に比べれば格段に大きくなるので、それを自覚して、鍛錬はあくまで、慎重に、丁寧に進めていただきたいという事だ。


『ヨガ・猫のポーズ』

という訳でお待たせしました。腰と背骨を満遍なく伸ばす事の出来るヨガの猫のポーズをご紹介するとしよう。

非常にポピュラーなポーズではあるので、ヨガをやっていない方でも一度は目にした事のあるポーズではなかろうか? ヨガの門外漢ではある俺だけど、背骨と骨盤、そして肋骨と肩甲骨のストレッチに、また呼吸筋(呼吸に関わる深層筋群)の調整用として若い頃から愛用させていただいているものだ。

さてさて
お気付きの事と思うが

今回も新しいトピックが登場したよ!
肋骨と肩甲骨、そして呼吸だね!!

肋骨と肩胛骨は『背骨の伸長』を実現させるためには骨盤の次に大切な場所であると認識しておいていただきたい。骨盤から生まれ、上に向って垂直に背骨を昇る波動状の(うねりの)運動がスムーズに頭部まで伝わるには、途中にある肋骨もその運動に合わせて柔らかく波打たなければいけないわけで、肋骨が鳥籠のように硬いままではそこで運動がストップしてしまうからだ。また、肋骨を柔らかく動かせる前提条件として肩甲骨もゆるゆるに緩んでいる必要があるわけで、要するに肩胛骨が柔らかく振る舞えるという事は『肩甲骨と肋骨の間の筋肉』が柔らかく緩んでいるという事なので、言ってみれば『肋骨と肩甲骨』は『骨盤と股関節』の様な一対の関係にあるとご理解いただきたいのだ。

またこのポーズは呼吸を司る筋肉群も十全に活性化してくれるので、非常にやり甲斐のある呼吸トレーニングでもあるわけで、呼吸といえば、昔はよく「腹筋を鍛えろ!」とか言われたものだけれど、今の常識では、呼吸はそんな単純なものではなく(もちろん腹筋も必要だけれど)、先ずは横隔膜、そして腹腔を構成する腹横膜と多裂筋(背骨を支える)、それらの収縮から生まれる圧力を下で支える骨盤底筋等々・・・後は現代のスポーツシーンで盛んに言われ始めている大腰筋(主に大腿骨を振り上げるための筋肉)なんかも、強力な腹圧を生み出す支えとしては非常に重要な働きをしていると感じるわけで、色々聞きなれない筋肉の名前を出してしまったけれど(それは今後のCGによる解説に譲るとして)、要するに呼吸には今流行りの『インナーマッスル』が深く関わっているというわけで、そんな難しい知識を知らなくっても、この猫のポーズを無心にこなしていれば自然とそれらが強化されるという好都合極まりない仕組みになっているというわけだ(笑)

以上の理由から、今後ご紹介する呼吸の鍛錬に向けて、『最初から腰が立っている人達』にもこの猫のポーズはやり込んでおいていただきたいと思う。腰が立っていたとしても(理想的な姿勢だったとしても)腹の中の筋肉が十全に柔らかいとは限らないので。呼吸に関与する深層筋群は(まあ筋肉全般に言える事だけれど)柔らかければ柔らかいほど高機能のパフォーマンスを発揮できるものだから( "柔らかい" のと "たるんでいる" 事とは違うからね。念のため)

いつものように前置きが長くなったので
この辺でやり方のご説明をば(汗)




やり方

・基本ポーズは、両手は肩幅、両膝は腰の幅に広げて四つん這いとなる
 (両手は肩の真下、両膝は骨盤の真下辺りに置く)

・基本ポーズのまま準備の一息を吸う(吸息)

・背中を丸め、お腹を引っ込めながら息を吐いていく(呼息)
 (頭は両腕に間に入れていく)

・息を吐き切ったら、今度はゆっくりと息を吸いながら背中を反らしていく(吸息)
 (目線は斜め上を向く)

・『丸める〜反る』を1セットとし、3〜5セットほど繰り返す

・反った状態から、調整の一息を吐きながら基本ポーズに戻る(呼息)

・基本ポーズに戻ったら、そのままの状態で2〜3回深呼吸をする(調息)

・息を『吸うときは鼻から』、『吐くときは口から

・呼吸と動作はできるだけ一致するよう意識する
(呼吸と動作のスピードを一定にし、吸い終わったら、または吐き終わったら動作が終了するように)

f0074992_11382136.png
両手は肩幅に、両膝は腰の幅に

f0074992_11382551.png
両手は肩の真下、両膝は骨盤の真下辺りに

f0074992_11382992.png
背中を丸める時はお腹を見る様に

f0074992_11383382.png
背中を反る時は天井を見る様に

f0074992_11382551.png
終了の基本ポーズで呼吸を整える(調息)


『呼吸の狭間を大切に』

ここで呼吸に関する注意点を一つ。

それは、『呼吸の狭間(吸息と呼息の間、もしくは呼息と吸息の間)』、動画で示したタイミングでいえば時間にしてわずかに1秒くらいの間は、きちんと息を止めておいて欲しいという事。『止める』という言葉を使っては、ちょっと能動的に過ぎるかもしれないので、ここでは「きちんと止まってるよね?」と確認するくらいの意識で丁度良いかと思う。

東洋の呼吸法では『息を止める事』を非常に重要視する。今風に言えば、丁度、アイソメトリックス効果を狙っていると理解していただければこの段階では十分だと思うけれど、猛烈ないきみを伴って息を止めるやり方から、逆にいきむ事はせず、静かに長い時間(1分とか2分)息を止めるやり方まで色々あるけれど(※)とにかくこれらの方法は呼吸に携わる筋肉群を飛躍的に強化(呼吸力を上げる)するには持って来いの方法ではあるのだ。
(※)喉を締めて「カー!」とか「コー!」とかいう音を出すのもこの範疇に入ると考える。要するに出口を閉じて内側の圧力(腹圧)を逃さないようにしているのだ。

しかし、効果が高いという事は負荷が高いという事でもあるわけで、極端に強い止息(しそく)は真っ先に、内臓、特に心臓に負担を強いる事になり、また高い腹圧は脳圧をも高めるわけで、脅かすわけではないけれど寿命を縮める事にもなりかねない危険性をはらんでいる。また声を出す事を専門とされている方達(歌い手・俳優)にとっては、『息を強く吐こうとすると喉を締めてしまう』という悪い癖にも繋がる恐れがあるので(息を止める鍛錬の三倍の発声練習をこなせば克服できるけれど)常に危険と隣り合わせのトレーニングである事をしっかりと頭に入れておいていただきたいと思う。

以上の理由から、この連載において『強い止息の鍛錬』をご紹介するか否かはまだ検討中ではあるけれど、これらの危険性を差し引いても、息を止めるという事は非常にやりがいのあるトレーニングでもあり身体運動の上達の鍵を握るものでもあるのだ。

(ここからは中・上級者向けのコメントとなる事をご了承いただきたい)

よく『呼吸と動作を合わせる』というけれど、ほとんどの方達は『予備動作(例えば拳を引いてパンチの準備をする時)で息を吸って、本動作(この場合はパンチを出す!)で息を吐く』という理解をされている事とは思うけれど(戦術としてあえて逆をやる場合もあり)、俺は、その本質は息を止めている時、要するに『呼吸の狭間』にあると感じていて、先の例えでいえば、拳を引いて いざパンチを打ち出そうとする切り替えのタイミングは、丁度、呼吸が吸うから吐くに転じる間(ま)でもあり、極々注意深く身体の内側を感じるならば、呼吸に関わる深層筋群が吸うから吐くに転じようとする、正にその(呼吸の)動きが(※)、背骨を中心とする全身の骨格を通して手足に伝わり "表向きのパンチ" という動作を生み出している事に気付く事が出来るはずだ。
(※)表向きの息が止まっていても呼吸筋は次の呼吸に向けて動き続けているという事。俺は『静中の動』とはこの事を指していると考えている。

但し、上記の在り方が成立する為には、十二分に身体が練れ、『内側の深層筋群と、手足や腹筋・背筋等の外側の筋肉群が連動して使えるようになった者』のみにいえる事だけれども(太極拳では『内外一致』という)、逆にいうと、その様な状態(内外一致)にシフトするためには、この『呼吸の狭間』の深層筋群の動きを感覚として捉え、それを外側とリンクさせるという身体的・意識的トレーニングが不可欠であると断言しておきたい(これ、試験に出るからね!賭けてもいい!はらたいらに3000点!!

まあ、上記の様な深い状態にこの連載がどこまで迫れるのかは疑問だけれど、この連載の主眼でもある『背骨の伸長』においても呼吸は非常に需要なポジションを占めるものなので、後々時間を割いてじっくりとご説明する予定ではあるけれど、先ずは、初心の方々にも上級の方々にも、このヨガの猫のポーズでしっかりと呼吸に慣れておいていただきたいと思う。


予定していた股関節に関する説明は次回以降させていただきます。
悪しからず。


・・・続く


# by genshu-juku | 2018-05-20 12:20 | 垂直に伸びる背骨(連載) | Comments(4)

初 VFX !!!


おお〜〜!

CG 歴11年目にして
初めて "実写合成" にチャレンジしてやったぜ(笑)!!

素材の動画は
2年前にカミさんが撮影していた我が家のピヨ達のもの。

丁度ピヨ達の前のスペースが空いてたので
いつか何かを合成したいなぁって思ってたんだよね〜(*^^*)


実は、これを作る前までは "デジタル合成=VFX" に関しては
すっごい苦手意識を持ってたんだけれど

実際やってみれば
アニメーションに比べて特別難しいってこともないって感じ。

逆にアニメーションと同じだなって思ったのは
とにかく "根気勝負" なんだな〜ってところ(笑)

カメラトラッキングとかマスキングとかさ・・・
(ここではマスク切ってないけど)

手間暇かけた分 "自然な絵" に近づいてくれるものね♡

まあね、こんな単純な合成で
分かったような口きいてちゃいけないんだろうけど

ホント、楽しくってしょうがなくって
ついつい語っちゃう・・・ ♪( ´▽`)

やっぱさ、VFX も始めちゃったんならさ

"変身" と "レーザーブレード" はやらなきゃだよね〜(笑)
あと、忘れちゃいけないのが "何らかの光線"!!

それらに自分の得意なキャラクターアニメーションを
絡ませていけたら最高だろうなあ・・・

いや〜もう
やる事いっぱいで身体がいくつあっても足りないよう〜〜!!



# by genshu-juku | 2018-04-07 20:48 | CG 修行 | Comments(0)