殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

本当にありがとうございま..
by YK at 14:50
嬉しすぎるご感想をありが..
by genshu-juku at 18:45
掲載くださりありがとうご..
by KY at 12:31

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



これでいいのだ!

昨日は高橋美津子嬢の出演する舞台を観に池袋へ。
実は、その舞台にはJAC時代の同期が二人も出演していたのだよ。

一人は笠原竜司。
彼とはこの春、美津子嬢の『縁』で20年ぶりの再会を果たしている。

もう一人は水谷誠司。
彼とも もちろん20年ぶり。
終演後のロビーで思わず抱き合ってしまったよ(笑)。

ホント、『縁』の不思議さを感じないではいられない。
お互い20年も音信不通だったのに、何でまた再会したりするんだろう?

それにしても、20年前共に汗を流した仲間と再会できるのは、言葉では言い尽くせない思いがある。

『俺たち、よく生き残ってたよな〜〜!!』
 って、変な連帯感も生まれるし(笑)。


舞台では、JAE生え抜きの若手アクション俳優達が所狭しと暴れ回っていた。もちろんその中核をなしていたのは、この劇団『スタンダードソングエンタテイメント』の主力メンバー笠原だ。奴が鍛え抜かれた身体を縦横無尽に駆る様は、正に『鬼神』の名に相応しい。

俺はこういったJACアクション(敢えてこう言わせてもらうけど)は大好きなんだ!本当に、見ていて爽快な気分を味わえる。


でもね、ある意味 とても醒めた目でそれを見ている俺もいたわけ。

何て言ったらいいんだろう?

誤解をされたら困るけど、
『俺とは関係のない世界』の様に感じたんだ。

もちろん、こういうのは大好きなんだけど!
でも、俺の目指すものじゃない。・・・みたいな。

俺達が作り上げたキャラメル殺陣は、

『一手一手に武術的な意味があり、
       登場人物の気持ちが込められている殺陣』

だから、殺陣だけで泣ける。

『まつさをな』で客演された劇団新感線の粟根まことさんが、新感線とキャラメルの殺陣の違いをこう表現されていた。

『新感線の殺陣は ダンス で キャラメルの殺陣は 日舞 』だと

う〜ん、言い得て妙だ。さすが、頭のいい人だよね。

そう、洋菓子の華やかさはないけれど、
和菓子の持つ趣と旨さ が俺たちの持ち味だ!!
(ちなみに、今の俺は『金つば』に夢中だ !!)


彼等と別れた後に歩んだ道が自分にとって間違いのないものだったって、20年後に再会した彼等が教えてくれたんだ。

これからは(これからも縁が続くなら/笑)、お互いが信じる道で張り合えばいい。そうしてお互いを高め合えたなら、それこそが再び巡り会えた意味っていうもんじゃないのかな?


今日のBGM「Resolution(ガンダムX)」
by genshu-juku | 2007-09-28 19:28 | 殺陣 | Comments(0)