殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新のコメント

こちらこそありがとうござ..
by genshu-juku at 17:21
しばらく見ないうちに2話..
by KAWASHIMA at 19:51
喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



『ダニー・ザ・ドッグ』

今日テレビでやってたんだけど、いや〜、えがったぁ (*^_^*)!

脚本がリュック・ベッソンだけに、さすがにぶっ飛んだストーリーだったけど、ジェット・リーの演技力が素晴らしかったので十分信じられる世界観に仕上がっていた。

特に「犬」である時の「感じることを諦めたかの表情」、温かな触れあいに戸惑いながらも徐々に心を開いて行く過程、それら全てが、作りすぎることなく自然に、しかし時には荒々しく画面から流れ出ていた。

これほど演技が出来るアクション俳優も他にいないだろう?

アクションはもちろん秀逸。アクション監督が俺の心のライバル「ユエン・ウーピン(マトリックス担当)」でもあったしね(笑)。

特に、トイレの狭い空間の中でひたすら闘うのには驚いた!「出ればいいじゃん!」ってツッコミも忘れるほど(笑)、激しく、かつ美しい闘いだった(トイレなのに/笑)。中国武術のお家芸、超接近戦がふんだんに見られたのは思わぬ収穫だったよ。

f0074992_23161255.jpg
そもそも、この二人が組んだ作品で、詰まらないアクションなんかあり得ないじゃんねぇ?

それにしても、いつ彼等と仕事するんだろう、俺(するきなんだ?!/笑)。

Of course, I'm ready!


今日のBGM「ロタティオン(千年女優)」
by genshu-juku | 2007-07-12 23:17 | 殺陣 | Comments(0)