殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



引きこもり

今日も、なんやかんやビジネス絡みで部屋に引きこもり(笑)。

ようやくネット関係も落ち着いて、これからがビジネスの本番なのさ!

詳しいことはもうちょっと待ってもらうとして、俺がこのビジネスに携わった一番の収穫と言えば、演劇以外の人達、つまり本当のビジネスマン達と話をする機会に恵まれたってこと。

シビアな世界に生きている人達の話は、いろんな意味で勉強になるねえ。いや、演劇がシビアじゃないって言ってるわけじゃないよ。演劇だって滅茶苦茶シビアさ。

でも、演劇は「夢を売る」っちゅうか、やっぱ作っている人達に遊び心がないと良い作品は生まれない。そこが一般のビジネスとの違いなのかな?

そういえば、この間お会いしたビジネスマンの言葉にこんなのがあったっけ。曰く、「くだらない商品でも宣伝さえ良ければ売れる」って・・・

そうかねえ? 俺は、そう思いたくはないんだけどなあ。

これって、本当にビジネス全般で言えることなの? みんなそう思って仕事してんのかなあ? もしかしたら、演劇でもそう思っている人達っているのかねえ? 俺の周りには、あんまり見かけないけど。

ビジネスでも演劇でも、「良いものを作れば売れる」と信じて働く者達はきっといると思うんだ。たまさか現代は上っ面に流される風潮にあるけれど、生き残るのはそういった、愚直に、誠実にものを作っていく者達だけなんだ。俺はそう信じるゼィ!

愚直に行こうか!

Eventually, Honesty will defeat Guile.


今日のBGM「よみがえれ飛馬(新巨人の星)」
by genshu-juku | 2007-03-14 23:09 | Comments(0)