殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



降臨

昨夜寝たのは午前三時だったのだが、七時には目が覚めてしまい、今こうしてブログを書いている(笑)。身体はくたくたなのだが、精神が異常に高ぶっているらしい。

結果的に、昨日の演武会は大成功だった。

お客様の数も昼・夜合わせて230名と玄舟塾史上最多の数だった。数だけではなく、今までで最高に客席と舞台が一つになれた舞台でもあった。舞台に立っていて何度も感じたのだが、何か尊いものが舞台上に降臨しているような、そんな気さえしたものだった。

そしてなによりうちの塾生達の成長ぶりが嬉しかった。人は何かの切っ掛けでほんの数時間のうちに変わることがあるのだが、昨日の彼等は正にそれだった。ゲネプロ(そう、昨日はゲネ + 本番二回の三回公演だったのだ!)の時まで俺に怒鳴られ、「やらされている感」満載だった初級の彼等が、一度お客さんの前に立つや見違えるように活き活きとした表情に変わっていった。昼が終わって夜の回にもなると、殆ど別人のような良い表情と張りのある気合いを発していたものだ。

まったく、だったら最初っから出せよって話だよ(笑)。

しかし、これで良い。お客さんの前に立つ快感を味わってしまった彼等は、今後の玄舟塾を支える貴重な財産となってくれるであろう。そして、人前に立つということの自覚と責任もしっかりと身に付けてくれるであろう。そう、人前に立つと言うことは、楽しくもあり厳しいことなのだ。人前に立つ快感を味わいたかったら、先ずその資格を得るべく精進しなくてはいけないのだ。

舞台上の振る舞いもそうなのだが、俺たち玄舟塾の結束もこの一日で驚くほど深まった。気が付けば一人一人が自分の役割を自覚し、率先して動くようになっていた。常に仲間に目を配り、もたついているようなら颯と手を差し伸べられるようになっていた。

これこそが、殺陣や武術を学ぶ意義なのだ。

余談だが、皆さんに多大なご心配をお掛けした「破門」問題も、当事者である彼と休憩の間じっくりと話し合った結果、こちらにも幾分かの誤解があったことが分かり、また彼の舞台上での頑張りも評価して破門は取り消すことにした。

本当に、何もかもが浄化され昇華されたのだ。

打ち上げでの塾生達の楽しそうなことといったら、日頃あまり話をしない塾生同士がまるで姉妹のように抱き合いはしゃぎ合っていた。そんな光景を目の当たりにして、「あ〜、玄舟塾をやってきたのは間違いじゃなかったんだな〜」と深い感慨に耽ってしまった(笑)。

毎回演武会の後に思うことだが、もうこれ以上のものは創れないかもしれない。・・だけど、きっと俺たちはやっちまうんだろうな。次回も、その次も、そのまた次も、常に新しく常に向上した舞台をさ。

最後に、我々を支えてくださった全ての関係者の方々、会場まで足を運んでくださった全てのお客様、そしてネットの向こうから応援してくださった全ての皆様に心からの感謝を捧げる。

I love all of you!!!


今日のBGM「乱(演武会BGM)」
by genshu-juku | 2006-10-15 08:18 | 殺陣 | Comments(2)
Commented by れお at 2006-10-15 11:21 x
やっぱり観に行きたかった、と切に思いました。ホントに残念です。
読んでいるだけでも何だか背筋がぞくぞくしてきます。
来年こそはきっと!少しでも、舞台から皆さんの気持ちを受け取りたいです。
Commented by genshu-juku at 2006-10-15 21:31
>れおさん
ありがとうございます。
来年は是非お越し下さいね。

追伸
唯今「演武会報告」鋭意作成中です。
そちらの方もお楽しみに!!