殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

本当にありがとうございま..
by YK at 14:50
嬉しすぎるご感想をありが..
by genshu-juku at 18:45
掲載くださりありがとうご..
by KY at 12:31

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



激震!!

昨日の俺の破門発言は、ことの成り行きを知らない他の塾生達に大いなる衝撃を与えたようだ(笑)。中には発言の撤回を求めるメールを俺に送る奴までいて、玄舟塾の中は蜂の巣をつついたような大騒ぎだ。

すまんなあ、お前達。
でも、本番当日になっていきなり知らされたって困るだろ?

俺だって人間だ。できれば、みんなで仲良くしていたいよ。でも「筋(すじ)」はどうなる?筋が通らないことがまかり通って、それで集団が維持できるのか?そんな集団が演じる舞台にお客さんは感動してくれるのか?

答えは「否」だ。

現代は薄甘い「仲好し主義」が大はやりだ。「みんな仲良く談合しようゼ!!」・「みんな仲良く裏金作ろうゼィ!!!」ってな具合にさ。筋を通そうとすれば、偏屈者のレッテルを貼られて爪弾きにされるだけだ。俺がこのまま発言を撤回しなければ、俺に不審を抱いて塾を離れる者も出てくるだろう。

う〜ん、いいんでないの(爆)!!

この時期に、このタイミングで事が起こったのは天の采配に違いない。俺に不審を抱いた者達の心はもう舞台上にはいないだろう(身体はそこにあったとしても)。残された者は、一人でも大勢でも闘える狼のみだ。研ぎ澄まされた狼たちが繰り広げる舞台こそ「演武」の名にはふさわしい。

読者のみんな。これが玄舟塾最後の演武会になるかもしれないゼィ!!!
なんたって、俺一人じゃ舞台は作れないからなぁ(笑)。

I can walk alone.


今日のBGM「俺は新造人間」
by genshu-juku | 2006-10-11 23:48 | 殺陣 | Comments(0)