殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



ドングリの背比べ

動物の世界・・
特に雄の世界においては

体がデカイ方が優位だと云う

なので

イザコザが起こると真っ先に
大きさ比べが始まるらしい

それは

単純に背(体高)の高さだったり
あるいは角の立派さだったり

口の大きさ
なんてのもあるのだろう・・

家で飼ってるセキセイインコ達でさえ

場所の取り合いなんかが始まると

すかさず

毛を逆立ててみたり
つま先立ちになったりしては

自分が大きい事を主張する

全く原始的だ・・・

などと笑っている場合ではない

人間の、特に男どもの世界は
未だにこの法則に支配されていて

どっちが物を知ってるか

どっちが立場が上か

なんて事に血道を上げている

他人が小さな失敗をしようものなら
この時とばかりに相手をなじり倒し

少しでも優位なポジションを
確保しようと必死の形相だし

自分が知らない事を
他人に尋ねるのなんか以ての外!

位を下げてしまうんだから

デタラメでも何でも
自分の考えを押し通して

事が破綻したって知らんぷり・・・

そんな事を繰り返しているから

見ろよ

良識ある人達には
俺達が ただのバカの集まりだって

すっかりバレて
しまってるじゃないか


所詮は烏合の集の俺達が

それでも何とかやっていく為には

無い知恵
出し合うしかないでしょう?

力を合わせるしかないでしょう?

ドングリの背比べ
やってる場合じゃないぜ!

まったく・・・

今やるべき事は

飲みニュケーションとか

もはや死語になりつつある
形式だけのそれじゃなくって

お互いが

"本気で心を開く事" だけだろうに


さもないと

近いうちに
お前達要らない!って事になっちゃうよ

ホントに雄ってのはめんどくせえなあ(笑)


by genshu-juku | 2018-07-19 21:48 | その他 | Comments(1)
Commented by KAWASHIMA at 2018-10-26 08:22 x
いつもブログ拝見しております。
この記事とは、少し関係ないのですが、この記事と以前書かれていた「天地人1」、「天地人2」の記事の中で書かれていた『気』が頭の中でくっついてどうしてもSato様に質問したくなり投稿しました。私は『気』というものを、練習する機会がなく、全くわからない素人ですがご教授頂ければ大変うれしいです。

質問ですが「気」というのは体にまとわせて、大きくみせるようなことはできるものなのでしょうか。つまり、この「ドングリの背比べ」の記事で書かれていることを、「気」で体を大きく見せることというのは可能でしょうか。また、可能である場合、どのような訓練をするものなのでしょうか。
 
この質問の意図ですが、私の周りには「服装」「髪型」「アクセサリー」「動作」なので、体を大きくする人がおります。ただ、たまに理由はよくわからないのですが、「この人すごいなぁ」という人に会います。だいたい何かしらのリーダーか技能者、または変わった経歴の方に多いです。(しかし、リーダーだからといって、特殊な技能を持っているからと言って全員が全員「この人すごいなぁ」という感じはしないのです。たまに、一部の方だけなのです)「これは何なのだろう?「気」かな?でも、「気」のトレーニングとかはこの人たちはしてないような気がするけど、何だろう?」と疑問に思っております。
お時間のある時に、ご返信いただければ大変うれしいです。
追伸:いつも「垂直に伸びる背骨(連載)」ばかりにコメントしてますが、他の記事も読み、いろいろと考えさせられております。