殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



天地人_2

天からの光の気( "銀河の光" 的な)
地からのガイアの気( "緑の大地" 的な)が

奔流のように身体中を駆け巡り
下丹田でブレンドされて

今度は掌(たなごころ)から
迸り出ようとする・・・

俺は思わず

二年以上放ったらかしにしていた
木刀を握りたくなって

そっと構えを取ってみれば

おお!剣に気がよく乗ってくれる!!

ゆっくりと振れば
遠くまで気が飛んでゆくではないのよさ!!

ひいぃぃ~!かっちょいい~~!!

こういうのっ!
こういうのに憧れてたんだよね~~!!

・・・オリは (^O^)/

まあ、見かけは剣を振ってるんだけれど
やってることは全く別次元のことで

無理矢理分類分けするなら
宗教的な "祓い" に近くなるのかなあ?

もちろん、武道家の方で
闘気を持って "祓い" をされているのを

お見かけすることはあるけれど

単純に、自分の志向としては
癒やしの力でそれをやってみたい・・・

ただし
闘気の何十倍ものパワーは必要だろうけど。

そんで
もしそのパワーを身に付けることができたなら

相対する敵の闘争心を
挫くことさえ出来るのではなかろうか?

それこそが

合気道の英傑・塩田剛三の云うところの

『本当の強さは
 自分を殺しにきた相手と友達になること』

に繋がるのではないのだろうか?

そうなれた時にこそ初めて

敵は敵に非ず、己が友であり

深い部分では通じ合う
"自分の鏡" であることを悟り

真の意味での
"無敵" の境地に辿り着けるのかもしれない。

もちろん

具体的技法もないのにこんなこと吹いてると
誰も耳を傾けてはくれないので

誰をも納得させられるだけの技量
があってこそのエネルギー論なんだけどねえ。

うん、なんかそこを目指したくなってきた。

"敵と仲良くなるための武"

って変な言い方だけれど・・・
そこを目指したくなってきたぞ!

・・・どれどれ
たまには木刀振ってみよっかなぁ~~ (^^♪


・・・終り
by genshu-juku | 2016-01-28 14:59 | スピリチュアル | Comments(0)