殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
more...

最新のコメント

tk さん コメントあ..
by genshu-juku at 16:55
肚を使えるようになったら..
by tk at 23:15
熱烈なご感想、本当にあり..
by genshu-juku at 23:42

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



着々と・・・

ひと月前、笠原に高音の出し方を教わって以来

俺は地道にハミングと鼻歌を繰り返しながら
息の当て所、響かせどころを探ってきた。

何しろ、今まで
自分が息を当てていた所よりも更に上を狙うので

慎重には慎重を重ねて開拓していくしかない。

何故なら、上に行けば行くほど
脳の底部に近づいてしまうので

上顎の軟口蓋が柔らかく開かないのに
力任せの息を当てたりした日にゃ

喉がイカれるのはまだ良いとして

脳に直接圧力がぶつかってしまい
血管がプッツリいってしまいかねない。

なので、先ずはじっくりと背骨を伸ばし

喉を広げて
軟口蓋も上に上に広げなければならない

そうして十分に広がった軟口蓋に向けて

最初は静かに、柔らかく息を当てては
徐々に共鳴する部分を確かめていかなくてはならない。

そんな地道な努力を重ねて一ヶ月・・・

今日ようやくカラオケで本格的に声を出してみれば。

おおっ!出るぞ出るぞ!!

今まで喉が詰まって出せなかった音域が
ラクラクと出せるようになっているではないか!

ブラバン出身のカミさんに言わせると
1 音高い音は軽く出せるようになってるというし

一ヶ月間鼻歌とハミングだけ

後は正しい背骨のポジショニングを使って
軟口蓋を押し上げるトレーニングを続けていただけで

(例のこれね・・・)

一気にこれだけの
壁を超えることが出来るようになるとは・・・

いや、鍛錬って素晴らしいですな。

ある領域を超えると
いろんなものが一つにまとまってくるんだもの (*^^*)
by genshu-juku | 2015-12-07 20:59 | 武道 | Comments(0)