殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

本当にありがとうございま..
by YK at 14:50
嬉しすぎるご感想をありが..
by genshu-juku at 18:45
掲載くださりありがとうご..
by KY at 12:31

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



信州 諏訪紀行_4

上社巡りを終えても時間はまだ午前10時。

帰りの電車は午後4時の切符を
取ってあるので時間はまだたっぷりある・・・

さて、どないしょ?

って一瞬思ったけれど

カミさんが、昨夜ホテルのロビーで見つけたパンフに
『 SUWAガラスの里 』っていうのがあって

そこに行ってみたいっていうし
場所も本宮からすぐみたいだし

まあ、いつも俺優先で行動してるから
ここはカミさんの好きにさせてやるか・・・

ってんで

自分的にはカミさんサービスのつもりで
湖畔に佇むモダンな建物を目指したんだけれど

いや、これが来てみてビックリ・・・

カミさんより楽しんでいる自分がいたのさ(笑)

1F のガラスショップでは
江戸切子の精巧な職人技に舌を巻き

2F の美術館では
初めて接するガラス工芸の美しさに息を呑んだ。

ガラスってこんな表現ができるんだぁ・・・

ああ、もう!

今までなだめすかして知らんぷりしていた
芸術への欲求がまたぶり返してくるわっ!!

ここは良くない・・・俺の心には(笑)

カミさんよ、さあ出るのだよ。

あ、でも湖畔を一望できる素敵なレストランで
お茶だけはしていこうね。

俺は腹が減ると運転ができなくなっちゃう質だからね。

(↑ チーズケーキが絶品ですた!!)

ふう、ヤバかった・・・

危うく芸術の心が目覚めるところだったぜ。

さて、お次はどこへ行こうか?

え?ここから上諏訪駅の途中に
原田泰治美術館があるって?

知ってる知ってる!
素朴で味のある絵を描く人だよねえ。

CM や雑誌の表紙で見たことあるもの。

いいんじゃない?そこ?
時間つぶすには。

ま、軽く見てこうよ・・・って

ずっきゅうぅぅぅぅぅん!!

た、魂撃ち抜かれたぁぁ・・・(;´Д`)

そう、一目で原田氏の原画の虜になった俺は

一枚の絵の前で5分から
長い時には10分近くも立ち止まり

絵の技法なんかからっきし素人なくせに

近くによってはその線のきめ細かさ
繊細さにため息をついてみたり

でも大半は少し離れた所から

その絵の持つ雰囲気というか
エネルギーを感じようと無心で眺めていたのだけれど

時間は丁度お昼時で

気が付けば、あれ程賑やかだった
団体のじいさんばあさんが一人もいなくなり

(みんなお昼食べに行ったのねん)

高い天井のだだっ広い空間に
俺一人が絵と対峙しているという

奇跡のような時間の中で

魂は得も言われぬ喜びに満たされていた。

(カミさんは気を利かせて離れた場所にいた)

一時間もそうしていただろうか・・・

観光バスが到着したのだろう

100人近いおじいやんおばあやん達が
一気に雪崩れ込んできて

俺の至福の時間にも
ついに終止符が打たれはしたけれど

良いんだ良いんだ
まだ 2/3 も見終わっちゃいないけど

これで大満足さ!

だって、また来ればいいだけの話だもん (^^♪

・・・なんて

この話はこれでは終わらず
最後にびっくりサプライズが待っていたんだ。

それは 1F ロビーにある売店で
原田さんの画集を購入していると

なんだかスタッフの人達が
慌ただしく動いているのでふと目をやると

身体の大きい
車いすに乗ったおじさんがやってきて

周りのお客さん達ときさくに話をしている。

「すわ!原田先生?!」

(↑ 「すわ」が気に入っている)

なんと本物の原田先生じゃあ~りませんか!!

しかもお目にかかれただけでも光栄なのに
購入した画集にサインをしてくださり

あろうことか
一緒に写真にまで映ってくだすった!!

(↑ まだロビーは混んでなかったので)

握手をしながら撮影してくださったんだけど

緊張と感激の思いが一杯で
つい手に力が入り過ぎちゃって

あ~なんか
先生がちょっと痛そうなお顔してるぅっ?!
f0074992_14155555.png
あ~失敗失敗・・・

それにしても
先生の手の平の大きくて柔らかかったこと!

こんな柔らかな手を握ったのは
太極拳の師匠以来だ・・・

やっぱりね
その人の在り方っていうのは手に出るんだよね。

神経質でいつもカリカリ来てる人の手は
硬くて強張っているもの。

(労働者の働く手は違うよ!
 あれはあれで尊いものだから)

俺はお二人の手に少しでも近づけているんだろうか?


・・・閑話休題。


結局、今回の諏訪の旅で得た収穫は

諏訪大社 上社の神気に
触れられたことももちろんだけれど

諏訪一帯に根付く
ある種の芸術性に出会えたことが一番だろう。

お陰で強制的にスリープさせていた
『芸術への憧れ』がまたしても目覚めてしまったよ。

今生は身体を極めることに費やしてきて
それで一片の悔いも無かったはずなのに・・・

無駄だと判っていても

もし、高校の時にアクションを選ばず
デザインの方を選んでいたらどうなってたんだろう?

なんて考えちゃう。

まあいいさ。

これからだって、今からだって
趣味でコツコツやっていけばいいんだから。

幸いなことに
画家の絵筆にあたるツール・・・

CG という技術も手に入れたし

もちろん若い人達の技術には敵うべくもないけれど

おじさんはおじさんで

残された時間を(後20年くらいかな)
丁寧に過ごしてさえいければ

何かしら表現できるんじゃなかろうか?


・・・まったく。

今回も長野にはしてやられたな。

心が生き生きしてきて
何かやってやろう!なんて気持ちが湧いてくる。

だから旅はやめられないんだけどね。

ほんじゃ、また来ますんで。

ってか、第二の故郷くらいに思ってますんで。

これからもよろしくです、信州!!
f0074992_1427275.jpg
ビーナスラインから八ヶ岳を臨む


・・・終り
by genshu-juku | 2015-07-22 14:17 | 趣味のこと | Comments(0)