殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



暴力の時代の到来?_3

刃物を持った狂人には
しがみ付いて刺されればいい・・・

そういう結論に至ってからというもの

『こうきたらこう返す』式の武道の技が
無意味に思えて仕方がなくなってきたんだ。

大切なのは在り方・・・とでもいうのかな?

事に臨んで
身体が思い通りに動いてくれるかどうか

それだけが興味の対象になってしまったんだ。

でも不思議なもので

そう思えてからというもの

暴力的な人を前にしても
何も構えなくて済むようになったんだ。

(↑この場合、心の構えね)

例えば、今働いている商業施設で

警備さんさえ追い出すのに手こずる酔っ払いに
俺が頼み込んでどいてもらったという経験が

既に二回程あるんだけど

その時は自分でも驚くくらい穏やかな気持ちで
顔には満面の笑みを浮かべながら相手に近づいていって

あんたもここで楽しんでいるのはわかるけど
ここはみんなの憩いの場だから他に行ってくれないかな?

って本音で頼んでみたんだ。

そしたら最初はしのごの言うんだけれど

根気強く頼んでいると

「わかったわかった!しょ〜がねえなあ・・・」

て感じで渋々どいてくれたっけ。

一緒にいた警備さんは

「佐藤さんは上手いなあ〜」

なんて目を丸くしてたけど
テクニックとか何とかじゃないんだよね、これは

ただの在り方だもの。

後、忘れちゃいけないのは

『そのおっちゃん達を自分の本当の親と思える』

愛情だよね。

愛だよ、愛! (*^_^*)

え? もしそいつらが
突っかかってきたらどうしてたか?って

そりゃ、もちろんコテンパンでしょう・・・

それこそ兄弟愛のもとに(笑)


くだらない事を長々書いてきたけれど
結局何が言いたかったかっていうと・・・

これからちょっとだけ
混乱した時期がくるかもしれないけれど

例えば、ちょっと大きな災害なんかが起こって
一週間くらいで支援物資が届けば御の字だけど

もしそれが数週間も来なかったとしたら・・・

果たして今の日本人は

助け合い
励まし合いながら困難を乗り越える

なんて事ができるのだろうか?

って話で

もしかしたら我慢の限度を超えて

ケダモノの本性を露わにしてしまう
輩も出てくるかもしれなくって

別に怖がらせるわけじゃないけど

そうした暴力性に対する心の備えを
今からしておいてもいいんじゃないかな?って事で

ここ最近の俺の言動とは矛盾するかもしれないけど

女性が武道を嗜むってのも
悪くないんじゃないのかなぁって思うんだ。

もちろん
ここで十分気をつけてもらわなきゃいけないのは

指導者の心の成熟度だよね。

どんなに屁理屈述べたって
所詮人殺しの道具に過ぎないわけなんだから

そういう矛盾を
重々理解している指導者でなくてはいけない。

そういうのは
日頃の言動を見てれば直ぐに判るので

おかしいな?
と思ったら即刻退散してくださいな(笑)


最後に、武道家の方々にお願いがあります

俺自身は武道から足を洗った身なので
後は諸先生方にお願いするしかありません。

どうか、この混迷の時代に
武道という文化的装置を持ってして

人類の暴力的なエネルギーを
正しい方向に導いてやってくださいますよう

宜しくお願い申し上げます (押忍)


・・・終わり
by genshu-juku | 2015-07-01 17:41 | 武道 | Comments(0)