殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
more...

最新のコメント

> 自分が動かなくなるの..
by genshu-juku at 19:15
> やっぱバリバリの昭..
by tk at 08:03
本当ですね。 そして、..
by genshu-juku at 13:38

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



信州紀行_4

獅子岩で大はしゃぎ!の巻き ④

勇壮な景色の前でついつい変なポーズをとってしまうのは
健康な男子の性とでもいうべきものだろう・・・

俺は獅子岩のてっぺんで
夢中になってポーズをとりまくった。

蛇拳、虎拳、太極拳の技各種・・・
頭の中では少林寺木人拳のテーマが流れ続けている。

気分はジャッキー・チェンかジェット・リーである。

昔ダブル浅野と呼ばれる人達がいたが
さしずめダブル・ジェイとでも呼んでもらおうか(一人なのに)


こんな大はしゃぎをしといて
人目は気にならなかったのか?というと。

平日で、しかも雪のあることが幸いしてか
駐車場にはアベックの乗る車が一台だけ。

しかも、さっきまで景色を見ていた彼等も
今は車の中に入ったままだ。

きっと暖かい車内で
乳繰りあってでもいるのだろう・・・(こら!)

よしんばこちらを指差して笑っていたとしても
そんなことは毛ほども気にならい。

旅の恥はかき捨てというではないか(微笑)


ひとしきり写真を撮り終え
カミさんがゆっくりと俺のいる場所に辿り着く頃には

雲は頭の真上辺りまで届いていた。

それでも、二人で眺めた、この空に最も近い高原は
その清涼な佇まいのまま俺達を包み込んでくれていた。

はぁ~ようやく辿り着いた・・・

これまでの
弥次喜多珍道中を彷彿させる二人の人生を顧みて

わけしらず、こんな思いが頭をもたげてきた。

精神年齢が幼児並みとお互いを評する俺達でも(笑)
こんなに遠くまで来ることが出来たんだ。

(具体的な場所と人生の折り返し地点という二つの意味で)

これからも、二人で力を合わせればきっと大丈夫。

もっと遠いところ
もっともっと面白いところまで行けるはずだから・・・


さあ!お楽しみはこれからだぞ!
この後の予定も目白押しだ!!

半時後、峠を満喫した俺達は
坂道を意気揚々と駆け下りていた。

これから始まる旅への期待に胸を躍らせながら。

・・・いけね!

変身ポーズ撮るの忘れてた!!
f0074992_22452749.jpg

by genshu-juku | 2012-12-19 22:47 | 趣味のこと | Comments(4)
Commented by バラガキ at 2012-12-21 01:05 x
な…なんて大事なことを!(T_T)
Commented by genshu-juku at 2012-12-21 07:58
ションボシ p(´⌒`q)
Commented by にし at 2012-12-21 15:32 x
ギャバンよ…なぜ蒸着しなかったのだ!
Commented by genshu-juku at 2012-12-21 22:01
はぅっっ!!・・・コム長官?!!(°□°;)