殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

仰る通り、逆腹式呼吸は確..
by genshu-juku at 16:24
いつもながら、本当に深く..
by genshu-juku at 15:56
今回もすごい内容の掲載を..
by KAWASHIMA at 13:03

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



涼しい顔_2

「顔の筋肉に力みがある場合は全身の表層筋肉群が・・・
 リラックスしている場合は深層の筋肉群が利いてくる」

だってぇ〜?!ほんまかいな そうかいな?!!

・・・嘘だと思うなら
友達と押し相撲をしてみることをお勧めする。

一回目はわざと顔を歪めて
二回目は頑張って『涼しい顔』を保ちながら、だ。

結果は、(予想に反して)多くの人達が
涼しい顔をした方が押しが強くなると感じることだろう。

そう、深層筋のスイッチを入れる方法はいくつかあるのだが
(イメージ・呼吸法・身体の構え 等々・・・)

涼しい顔をするというのも極めて有効な方法の一つなのだ。

余談だが、日本の伝統武芸の型には
涼しい顔で演ずるものが多いが

お察しの通り

これは深層の筋肉群で動くことを目的としているため・・・

若しくは、深層の筋肉群で動いてきた結果
あのような涼しい顔になったのか?

おそらく、そのどちらも正解だとは思うが

我々の祖先が辿り着いた身体知のレベルの高さには
改めてシャッポを脱がされる。

ただし、西洋文明を闇雲に追い求めてきた我々現代人は

せっかく祖先が残してくれた遺産を
残らず食いつぶしてしまったかのようだ。

故に

『目配せ』という素晴らしい言葉(と概念)を持ちながら

『アイコンタクト』などという
 外来語(と概念)を輸入しては有り難がっている始末。


今こそ日本伝来の身体知を見直さなくては!

強い日本の復権の鍵は
そこにこそ隠されていると思うゾ!!

というわけで、みんなも『辛い時こそ涼しい顔で』・・・

これで行こう!!


・・・あ、そうそう

時々、電車の中で
大股おっぴろげながら涼しい顔のお兄ちゃんがいるけど

あれは真似しないようにね(笑)


・・・終わり
by genshu-juku | 2012-08-14 21:09 | 武道 | Comments(0)