殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

仰る通り、逆腹式呼吸は確..
by genshu-juku at 16:24
いつもながら、本当に深く..
by genshu-juku at 15:56
今回もすごい内容の掲載を..
by KAWASHIMA at 13:03

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



涼しい顔_1

今回のオリンピックを見てて改めて思うのは

苦痛が面に出ているのか
はたまた闘争心の現れなのか

とにかく表情を歪ませてる選手は絶対に勝てないってこと。

それはどうしてかというと
顔の筋肉には全身の筋肉の状態が反映されていて

尚且つ、顔の筋肉の状態が全身の筋肉に
フィードバックされているという法則があるからだ。

具体的にいうと
顔の筋肉に力みがあると全身の表層筋群に力が入り

顔の筋肉がリラックスしていると
深層の筋肉群が利いてくるという関係にある。

なので表情を醜く歪ませている選手というものは
外側の筋肉を不必要に緊張させているということで

それではトップレベルの闘いに
勝てる道理がないということなのだ。

逆にトップを取る選手というものは
おしなべて『涼しい顔』をしているもので

(体操の内村選手しかり 女子レスリングの吉田選手しかり)

今回の彼等の成績が
その理の正しいことを如実に証明してくれているのだ。


・・・続く
by genshu-juku | 2012-08-13 10:21 | 武道 | Comments(0)