殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
more...

最新のコメント

tk さん コメントあ..
by genshu-juku at 16:55
肚を使えるようになったら..
by tk at 23:15
熱烈なご感想、本当にあり..
by genshu-juku at 23:42

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



けじめ

またしても
いじめを苦に自殺した中学生の痛ましい話が・・・

こういう時 世間を呆れさせるのが
恐喝や暴行をしといて「遊びの延長だった」と言ってのける

加害者側の認識の甘さとゆるさ。

こんな時 真面目な教育者ほど

「命は地球より重いのよ!」

なんてやりたがるんだろうけれど

そんなお題目をいくら唱えたって彼等の心には届かない。

これは三十年近くも前に
運動科学者の高岡英夫氏が喝破してることだけど

要するに彼等は『ふざけ』の度が過ぎているだけなので

(↑ いみじくも彼等自身が語っている通り)

周りの教育者や親達は

「ふざけるな!!」

と言って諌めてあげれば良かったのだ。

『 けじめ 』ということを
教えてあげなければならなかったのだ。


・・・まあ、たったこれだけのことなんだけど

けじめを忘れた集団ってぇのはホント恐ろしい・・・

ある心理学の実験で

集団を刑務所の看守役と囚人役に振り分けて隔離しておくと
そのうち看守役の人間達が囚人役をいじめ始めるらしい。

端から見たら 醜く 歪んだ人間関係(役割分担)も

そこにどっぷり浸かってる者達にとっては
それが当たり前、疑いのない真実だと思い込んでいるのだ。

その中で正気を保つのがいかに困難か・・・

「これは間違っている」と口にすることが
いかに勇気のいることか・・・


う〜ん、問題は単純なんだけど
今の腑抜けた日本人には至難の技なんだろうなあ・・・

だから外国からも尊敬されないし。


取り戻したいじゃんね・・・けじめ。
by genshu-juku | 2012-07-21 12:49 | その他 | Comments(0)