殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



竜馬観劇!(ネタばれっつか解説あり)

今日はサンシャインで
『また逢おうと竜馬は言った(空組)』を観劇。

うむ!面白かったゾ!!

何度も観ているはずなのに
(ってか、出てもいたけど)

だから、出演者達の台詞だって
次に何がくるのかは熟知しているはずなのに

一つ一つの台詞に
泣かされ、笑わされ、そして感動させられた。

これは、取りも直さず
彼等が真に役を生きているからに他ならず

そして、どれほどのエネルギーを
舞台上に注ぎ込んでいるかを雄弁に物語っているわけだ。


さてさて

殺陣は本当によく練られていた。

殺陣稽古の最初の頃は
慣れない動きで戸惑いを見せていた石原と筒井も

実に堂々と殺陣を演じていた。

お世話抜きで
カッコ良くなったなぁと思ったもの(笑)

余談だけど

筒井が舞台上で演じる武術の流派を
知りたいというお客さんの声が多いと聞いたので

担当者としてちょこっと解説なんぞを。

【あれは中国武術をベースに創作したオリジナルで、時田が時折見せる象徴的な構えは形意拳(けいいけん)という武術の構えを、受け技は太極拳の技をヒントにしています。蹴り技は韓国のテコンドーの蹴りをモチーフにしたり、中国武術全般に見られる足払いなども取り入れています。キャラメルボックスの殺陣なので、あまりマニアックな方向に走らず、あくまでエンターティメントとしての派手な振り付けを意識しました】

以上


兎にも角にも

こんだけ良い芝居を見せられたら
自分もぼやぼやしてられないってんで

思わず Loft で英文暗記用の
単語カードを買っちゃいましたとさ!
(↑ ヤル気は買うけど意味不明)


あ、そうそう

こないだ書いてた
『土方の呪縛』も完全に解けちゃってて

両隣のお客さんに

「あれ、十年前は俺がやってたんすよ!!!」

って、言いたいぐらいだったよ(爆)
by genshu-juku | 2010-07-31 21:22 | 殺陣 | Comments(0)