殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

喜んでいただけて幸いです..
by genshu-juku at 10:28
質問にお答え下さりありが..
by KAWASHIMA at 18:38
もしかして「からだのひみ..
by genshu-juku at 12:13

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



芝居漬け

今日は
昼に中野で俳優教室卒業公演・Yチーム
夜は池袋でキャラメル本隊の本公演と

芝居というかキャラメルボックスのハシゴをする(笑)。


先ず俳優教室Yチームの方だけど
殺陣はお世辞抜きに上手くなっていた。

一番の課題だった
『技に気持ちを乗せること』が出来ていたし
技の精度も格段に増していた。

もちろん、上を見たらキリがないけれど

稽古期間が短かったことを思えば
文句なしに合格点をあげられるだろう。

ただ、肝心の芝居が硬かったなあ・・・

殆どの生徒がイッパイイッパイな様子で
役を楽しめているのはほんの数人に見えた。

まあね、芝居経験の浅い者が
これだけの舞台に上がるってこと自体大変なことなんで
楽しむ余裕なんてないのは痛いほど分かるけど

観る側としては
その余裕のなさが伝わってきて
物語に集中することが出来なくなってしまうんだよね。

でもさ
彼らの芝居人生は始まったばっかなんで

今回楽しめなかった人間は
次の機会にそれが出来るようになれば良いんだよ。

こんな貴重な経験が出来たことを誇りに思って
これからの人生を真っ直ぐに生きていって欲しい。

なんか
彼らに贈る最後の言葉みたいだけど
明日はXチームを観に行くんで最後まで気を抜くんでないよ(笑)。


さて、次はキャラメル本公演の方だけど

俳優教室を観た後だけに
よけいに彼らのレベルの高さが際立った感があった。
(↑生徒達には悪いけど)

集中力の高さ
チームワークの良さ
個々の技量の高さ

どれをとってもプロの名に値するものだった。

まあ、
主役経験者が大半を占めていたので
当然と言えば当然だけど

例えば中堅クラスの若手なんかは
入団したてのペーペーの頃から知ってるので
(俳優教室出身者はその頃から)

彼らが流した汗と涙は十二分に承知しているから

「よくもまあ、ここまで・・・」

と、
彼等の今までの努力を慮って
改めて背筋の伸びる思いがした。

俺も負けねえよって
ハートが熱くなるのを感じた。

やっぱ
定期的にキャラメルの芝居は観なくちゃだね(笑)。


話を俳優教室に戻そう。

生徒諸君よ
君らが憧れる先輩達だって

こんな風に
み~んな新人だったんだ(当たり前だけど)。

そうして
君らとおんなじ恐怖を味わい
君らとおんなじ苦しみを潜り抜けてきたんだ。

たった一枚の
『あきらめない』という切符を握りしめながら・・・


未来を切り開く切符はこれしかないんだよ。

取りあえず、明日の千秋楽を終えるまでは
絶対にこの切符から手を離さないでいて欲しい。

役者として舞台に立つ者も
スタッフとして舞台を支える者も・・・

楽しみにしてるから、さ。
by genshu-juku | 2009-12-19 23:58 | 殺陣 | Comments(4)
Commented by バラガキ at 2009-12-20 01:55 x
観てきました。
今帰りの車中で運転の順番待ちです。

良かったぁ!とは言い難いですが楽しめました。
あのリズムもまともに取れなかった彼があんなにカッコ良く踊って…(涙)。

演技ではキャラクターは良いのに、集中できてない、その場に『居る』ことができてない人が目立ちました。
上手い役者の芝居で引き込まれかけても現実に戻るというか…残念ですね。
殺陣は動きの形はカッコ良いけど段取りっぽさが目立つかなと思いました。
技術的に足りない所は多いけど、観終わって気分は悪くなかったです。役者たちの熱意ですかね。
個人的なお気に入りはマリナ役の女の子でした。
偉そうなことを長々すみませんでした。では失礼します。
Commented by genshu-juku at 2009-12-20 21:59
未だに大雪が続いているそうですね。
無事お帰りになれたでしょうか?

・・・そうですね、『観終わって気分は悪くなかった』ってことが、彼等にとって一番の賛辞になると思います。演劇では、独りよがりの演技を見せられて胸が悪くなることが間々ありますからね。

バラガキさんのおっしゃる通り、彼らの熱意が本物だった証でしょう。

あの中から本当に役者を目指す者が出たとして、その者達が味わう苦しみが半端ではないことは分かっていますが、今は、そんな彼らの勇気ある未来を祝福してあげたいと思います。


それでは、
遠いところを本当にお疲れ様でした!
Commented by バラガキ at 2009-12-21 18:29 x
無事帰りました。
新潟を通る時には雨が降り、路面が凍結することなく順調に走れました。

思いきって行って良かったです。
少しでも彼が成長した姿が見れたし、その少しの成長の為にどれだけの努力が必要だったか…。彼だけではなく他の皆さんも同じでしょう。
もし彼がキャラメルボックスに入れたら成井さんはもちろん管理人様に直接指導を受ける機会を得られるんですね。
後輩に追い越されないように更に精進せねば。若い人たちが頑張っている姿を観て本当に良い刺激を貰いました。
大きな企画が終わってちょっと気が抜けていたのですが、次回に向けて自分を奮い立たせる良い機会になりました。
よっしゃ!頑張ります。
Commented by genshu-juku at 2009-12-21 23:50
ええ、もし彼がキャラメルボックスに入れたら
ギッタギタにしてやります(笑)。

実は
今回の卒業公演を観終わって、僕も心が奮い立ちました。
来年も全力で走ってやるって思いました。

お互い
若いもんに負けないよう頑張りましょう!!