殺陣師の佐藤雅樹が殺陣と武道修行から得た "気付き" を易しく解説します


by Masaki Sato

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

垂直に伸びる背骨(連載)
仙骨・背骨・健脳
スピリチュアル
氣の話
武道
殺陣
CG 修行
趣味のこと
新発田弁
インコ道
その他

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

本当にありがとうございま..
by YK at 14:50
嬉しすぎるご感想をありが..
by genshu-juku at 18:45
掲載くださりありがとうご..
by KY at 12:31

影響を受けた書籍

<身体論>













<スピリチュアル>





<自己啓発>



熱さまし

キャラメルボックスの
殺陣指導をした後の俺は気持ちが昂っている。

ちょうど試合を終えた武道家や格闘家のように
闘気が身体中から溢れ出て抑えきれな状態だ。

それぐらいエネルギーを出していなければ
あそこ(稽古場)に立っていられないからだ。

何かを創造するということは
それだけ大変な作業なのだ。


それはさておき

そんな昂った状態で街を歩きたくない俺は
(間違いなく不審者扱いされてしまうから / 笑)

稽古場近くのベローチェという喫茶店に入って
気持ちを静めることにしている。

余程の暑さでない限り、ホットコーヒーを選び

サンドイッチかあんパンをお供に
ゆったりとコーヒーをすする。

カップが空になる頃には
すっかりと気持も収まっているという算段だ。


ところが、このベローチェ
時々満席の時があるのだ。

そんな時は本当に困ってしまう。

まあ、諦めて帰るしかないのだが

周りの人達に変に思われないよう
必死で気を抑え続けなければならない。


あ~あ、
ベローチェがいつもガラガラだったらいいのになあ・・・

(↑訴えられるど!)
by genshu-juku | 2009-06-13 20:36 | 殺陣 | Comments(0)